アプローチの距離感を安定させよう!

2018年5月31日 |

みなさんこんにちはkazukiです。
今回はアプローチの距離感の誤差を少なくする方法をお話します。

このようなシチュエーションで距離感はどのようにイメージしますか??

私がレッスンをする中で、参加者の方の様子を伺うとこの景色で距離感をイメージしているケースが多いです。

もちろんボールに対して綺麗に当たるのは大事ですが、距離感をイメージするのであれば、先ほどのこちらの景色を優先してみると距離感が良くなってきますよ^^

まずターゲットを見ながら素振りして、、、


そのまま「このくらいかな・・・」の距離感を実際に打つだけです。


当たり前のようで無意識にボールに意識が向かいがちなので、一度意識してやってみてくださいね!パターも同じようにイメージすることで距離感が安定してきますのでお試しください(^^)

この記事を書いたのは

井上 法紀

井上 法紀

こんにちは^ ^
トップシーズンに向けて準備は万端ですか??
 
新しいシーズンも楽しく上達していきましょう!

週間アクセスランキング

  1. グリーンとカラーの境からの打ち方 1,248ビュー
  2. ゴルフ上級者 〜バンカーショットはこんな風に考えよう〜 729ビュー
  3. ゴルフ上達のヒント!〜クラブヘッドの最下点意識でトラブル脱出!〜 566ビュー
  4. スコアアップのヒント!〜ラフでのボールの状況に合わせたクラブ選択!!〜 356ビュー
  5. アプローチのピッチとランの比率 187ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 185ビュー
  7. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 171ビュー
  8. キャディバッグの担ぎ方 130ビュー
  9. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 123ビュー
  10. 競技用スコアカードの書き方 121ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る