ドライバーで高いボールを打つ方法

2017年1月17日 |

皆さんこんにちは!ナオトです(^^)
今回はドライバーショットでのボール位置についてです。

ボールの位置によって、弾道の高さが変わってきます。
手でボールを上げようとしたり、操作を行ってしまうとなかなか安定していきません。
手の位置関係などもチェックしていきましょう(^^)

まずドライバーでは、少し右肩が下がった状態でアドレスをします。

下記の写真の様にボール位置が真ん中になりすぎる場合や、手元の位置がハンドファースト気味になってしまうと、インパクト時にロフトが立って当ってしまい、弾道が低くなってしまいます。

右肩が少し下がった構えにすると下記の写真の様になり、グリップエンドがお臍を向いているイメージになります。

この様にする事により、より大きく肩を回転させる事が出来、インパクト時にもドライバーのロフト通りに打つことが出来るため、自然に弾道が高くなってきます。

弾道が思った以上に上がらない方は、是非アドレス時のボールの位置や、肩のラインをチェックしてみてください。

ありがとうございました。

Naoto Golf Coach Facebook

この記事を書いたのは

日下部 直太

日下部 直太

サマーシーズンに入り、暑い日が続いていますが、しっかり対策を行いゴルフを楽しんでいきましょう!
全コーチ熱いレッスンでお待ちしております!
今年も皆様に楽しんで頂けるようにコーチとしてもレベルアップしていこうと思います!
皆様のご参加をお待ちしております!

☆GEN-TENレッスンにまだ一度もご参加頂けていない方に向けて、体験レッスンを開催しています。
是非ご参加頂けたらなと思います(^^)
過去の体験レッスン記事はこちらから

皆さんのご参加をお待ちしております!
Naoto Golf Coach FaceBook & Instagram

週間アクセスランキング

  1. 上達のヒント!「ドライバーを得意にするコツ!」 1,649ビュー
  2. ゴルフ上級者にオススメ!アプローチの距離感を磨く練習法 842ビュー
  3. ゴルフ上達のヒント!〜フェースを開いた時の構え方〜 770ビュー
  4. 上達へのヒント!「ターゲットをどのように見ていますか!?」 281ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 253ビュー
  6. アプローチのピッチとランの比率 223ビュー
  7. AwとSwの使い分け 215ビュー
  8. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 203ビュー
  9. キャディバッグの担ぎ方 149ビュー
  10. 競技用スコアカードの書き方 140ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る