距離の長いホールの攻略法

2017年3月19日 |

みなさんこんにちは。テーラーメイドのクラブのおかげで年々飛距離が伸びている牧野佑司です。

今回は距離の長いホールの攻略法についてお話しさせていただきます。
そもそもお一人お一人で距離は違います。今回の距離の長いホールというのは2打目でウッドやロングアイアンを持ってしまうホールのことにします。

距離の長いホールに立った時、皆さんはどのように考えられるでしょうか?
「距離が長いから飛ばさなくては!」
「少しでも短い番手で打ちたい!」
「単純に飛ばしたい」
という考えをお持ちの方に一度考えていただきたいと思います。

距離の長いホールになると、2打目以降でウッドやロングアイアンを持たなくてはいけません。
そうなると左右に散って、傾斜地やラフに入ってしまいウッドやロングアイアンでのショットが厳しくなってしまいます。大たたきの入り口になりやすいですね。

そう考えると長いホールであればあるほどフェアウェイから打てば有利に働きます。
逆に2打目以降の持つ番手が短いホールは、多少ラフや傾斜地にはいっても対応ができるホールと言えます。
つまり距離が長いホールであればあるほど、目先の飛距離よりもフェアウェイキープが重要と言えるのではないかと思います。

僕もカナダやアメリカでの試合に出た時には、周りのプレーヤーよりもかなり飛距離に後れを取っていました。いきなりドライバーの飛距離は伸びません。一度飛ばすのではなくて、長いホールだからこそフェアウェイキープを意識してみてください。きっと落ち着いたゴルフになり、大たたきの原因が防げるのではないかと思います。

少しの考え方だけで変わりますので皆さんぜひぜひお試しください!

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

こんにちは。
苦しい思いをしてたくさんの気づきを得ている牧野佑司です。(自画自賛)

最高の季節がやってきました。
ぼくは暑い夏も好きですが強がるのもしんどかったです。
日本のゴルフシーズンといえば秋ですね。
日照時間が短いのもいい気候がより貴重なものだと感じさせてくれます。

秋には新キャンプ会場の信楽カントリー倶楽部さんにてディスカバリーキャンプを開催します。

近畿地区も体験レッスンやバリエーション豊かなメニューやコーチによって、より皆さまに楽しんでいただけますように近畿地区を盛り上げたいと思ってます。
私牧野佑司は東海地区にもレッスンで登場する予定です。また新たな視点から新鮮な気持ちでレッスンにご参加いただければ嬉しいです。
皆様のご参加心より楽しみにお待ちしております!!

Twitterアカウント

週間アクセスランキング

  1. 上達のヒント!「ドライバーを得意にするコツ!」 1,648ビュー
  2. ゴルフ上級者にオススメ!アプローチの距離感を磨く練習法 842ビュー
  3. ゴルフ上達のヒント!〜フェースを開いた時の構え方〜 770ビュー
  4. 上達へのヒント!「ターゲットをどのように見ていますか!?」 281ビュー
  5. アプローチのピッチとランの比率 263ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 253ビュー
  7. AwとSwの使い分け 215ビュー
  8. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 203ビュー
  9. キャディバッグの担ぎ方 149ビュー
  10. 競技用スコアカードの書き方 140ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る