目標にまっすぐ立つためのコツ

2017年3月26日 |

みなさんこんにちは。日々ゴルフについて考え方が磨かれると同時に、もっとこうしておけばよかったと思う日々が続く牧野佑司です。
今回はアライメント(目標に対して立つ方向)についてお話しさせていただきます。

コースと練習場の違いにおいて重要な要素を占めるのがこのアライメントです。
練習場などはマットの方向などで、目標に対してまっすぐ立ちやすい目安がありますね。しかし、いったんコースに出るとそんな目印はまれにしかなく、方向を惑わすOBや池や大きなバンカー等々、惑わすものだらけです。

そんなコースでも、目標方向に対してまっすぐ立たなくてはいけません。これは相当高度な技術です。プロでも難しく非常に重要な要素です。よく女子プロなどはキャディがチェックしたりしていますね。それだけ重要で難しいということです。

このアライメントを磨くためにはどうすればいいのでしょうか?それはゲンテンコースレッスンでコーチにチェックしてもらうのが一番だと思います(^_-)-☆それだけ客観的な視点は上達において重要だからです。

でもいつもコーチがついているわけにはいかないので、ちょっとした考え方をお話しさせていただきます。

まずボールを目標に飛ばしたいので、クラブフェースを目標方向に向けます。赤いラインがフェースの方向です。
その目標方向に向けたフェースに対して体を平行に立ちます。白いラインが体の方向です。

これが目標に対してまっすぐの構えですね。ボールが目標に対してまっすぐ飛んでいくので、平行に立つと電車のレールのような構え方になります。
画像での赤いラインは目標方向を向いていますが、体の方向は赤いラインよりも左の250の看板を向いているのがおわかりでしょうか?
では、目標に対してまっすぐ構えられた時にどのように目標が見えるでしょうか?
構えたところから目標を見ると左肩が見えると思います。この左肩は目標方向よりも左を向いていないと目標方向に平行に立ったとは言えないです。左肩(身体)が目標に向かっているということはボールは目標よりも右を向いているということになってしまうからです。

各番手によって長さが違ってくるので見え方も変わってきますが、この考え方を使っていただければ右に向いてしまうことが抑えられると思います。ぜひぜひ試してみてくださいね。
皆様の成果は担当コーチがしっかりチェックさせていただきます。

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

こんにちは

牧野佑司です

2020年も1ヶ月が過ぎました
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私はというとゴルフにおいて、レッスンにおいて新たな発見の日々を過ごしております。

今まで足りてなかったものはなんだったのか?が発見できた気がする。そんな手応えを掴んできた今日この頃です(発見したことはごくごく基本的な事です)

2020年は1ヶ月過ぎましたが僕の新年は今月からスタートします!(意味不明)

新たな発見を上手に皆様にお伝えすべく色々なヒントレッスンやドリル方法を考えて、そしてレッスンでみなさまに実感していただきたいと思ってます。

また関西に新たなコーチも加わりますが僕自身も新しくなりました。
割引キャンペーンはありませんがぜひまた新しいコーチのつもりでご参加いただければうれしいです

今年もよろしくお願いいたします

https://ameblo.jp/gen-ten-yuji/

Twitter
https://twitter.com/yuji061jr

facebook
https://www.facebook.com/yuji.makino.10

Instagram
Yuji61jr

YouTubeチャンネル開設しました
Yuji Makino’s GOLF CHANNEL

週間アクセスランキング

  1. ゴルフアプローチ〜グリーン周りからのマネジメント基本編〜 538ビュー
  2. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 330ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 279ビュー
  4. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 256ビュー
  5. アプローチのピッチとランの比率 179ビュー
  6. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 173ビュー
  7. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 147ビュー
  8. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 126ビュー
  9. タイ ゴルフ〜強化合宿 at スプリングフィールド・ロイヤル・カントリークラブ〜 113ビュー
  10. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 101ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る