正しい腰の回し方

2017年8月11日 |

こんにちは norihiroです(^^)
まだしばらく暑い時期は続きますが、ゴルフを楽しんでいきましょう!

さて今回のwebレッスンは「腰の回し方について」です。

腰の回し方はレッスンでも様々なことも書かれているパートですね。
皆さんがよく耳にする中には、ダウンスイング以降下半身がリードしてインパクトするように動きをイメージされている方も多いかと思います。
ただ、その意識に誤りが生じてしまうとミスショットの要因となる可能性が出てきてしまいます。

では、その要因となる動きはというと・・・
写真のようにダウンスイングから腰を回しすぎてしまい、右足に体重が残ったまま(右足軸の状態)でインパクトを迎えてしまう形です。


この動きは振り遅れにつながり、インパクトをクラブフェースが開いた状態で迎えてしまいます。


これは腰をリードさせる意識により左腰の開きが早く、左腰が引けた状態で逆に手打ちになりやすいインパクトの形になってしまいます。

そこで正しい腰の動きの意識としては素振りの段階から、ダウンスイング以降でしっかりと左足へ体重を移していくことが大切になっていきます。

まずバックスイングからトップオブスイングにかけて、体重は右足に少なからず乗っていきます。

その体重を右足に残したままスイングをしてしまうと、上記のようなミスショットになってしまいます。
ダウンスイングからクラブを下ろす前に、右足に乗った体重を左足へ少し移してからクラブヘッドを落とすように意識をしていきましょう。


そうすることによりダウンスイング以降、左足を軸として体をスムーズに回転させることができるようになります。
結果、腰から正しい回転をした状態でインパクトを迎えることができます。

トップオブスイングから左足へやや体重を移してからインパクトを迎えると、一瞬腰が止まった感覚になりますがそれが正しい感覚になっていきます。
つまり腰はスイング中、常に回り続けているのではないということになります。

正しい腰の回転を覚えると体がスムーズに早く回転する感覚も得られるので、飛距離アップやショットの安定性にも繋がります。ぜひ練習して習得してみてください!!

詳しい事はまたキャンプやレッスンで聞いてください(笑)

この記事を書いたのは

井上 範大

井上 範大

タイキャンプで黒くなりました!笑
寒い日が続いていますが、体調管理に気を付けながら、冬のゴルフも思いっきり楽しみましょう(^^)♪
レッスン会場でお待ちしております(^-^)/

〜オススメ〜
キャンプやレッスンも開催させて頂きます。
◼︎キャンプ開催
2019.4/5-7 沖縄キャンプ(強化合宿)with 原田コーチ

◼︎アカデミア
4月から身体運動学から理想とするスイングを手に入れる内容で開催する予定です(^^)
よろしければ過去の記事もご覧ください。

◼︎体験レッスン
GEN-TENのレッスンをご検討されている方は実際のレッスンと内容の変わらない「体験レッスン」もご検討ください(^^)

◼︎SNS
個人ブログ「ゴルフコーチNorihiroのブログ
も配信しております。
よろしければ、ご覧ください!

Facebookページ / Instagram

週間アクセスランキング

  1. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 173ビュー
  2. 急な左足下がりのアプローチ 142ビュー
  3. 正しい腰の回し方 136ビュー
  4. ダウンスイング時の右膝のポジション 132ビュー
  5. アプローチのピッチとランの比率 115ビュー
  6. 力の反作用を利用してシャフトを立てる 107ビュー
  7. スイング中のフェースの向き 104ビュー
  8. キャディバッグの担ぎ方 102ビュー
  9. トップの位置を固めてスイングを安定させよう! 85ビュー
  10. プッシュアウトとチーピン、両方出るのはなんで? 80ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る