スリークォーターでピンを狙う!

2017年9月6日 |

こんにちはkazukiです^^
今回はスリークォーターショットの打ち方についてお話します。

スリークォーターショットは、ピンやグリーンを狙うのにとても有効なショットですので覚えておきたいですね^^

打ち方のポイントは3つです。
まずはアドレス。

アドレスはターゲットに対してオープンスタンスにします。
これはインパクト以降に体の回転をスムーズにするために必要です。
クラブフェースはターゲットにスクエアにします。

続いてボールの位置。
ボールの位置は体の真ん中より右足寄りにセットし、ハンドファーストの形をアドレスから作っておき、ボールを上から捉えられるようにしておきます。


最後にインパクト。これが一番大事です。
スイング中はアドレスで作ったハンドファーストをキープするイメージでインパクトを迎えます。


ハンドファーストをキープしているので、フォロースルーではクラブは低い位置をキープします。

フォロースルーで写真のようにクラブが高い位置にあると、ハンドファーストがスイング中にほどけているのでセルフチェックで確認しておきましょう。

実際にスイングするとこのような感じです。




このポイントをおさえてカッコいいスリークォーターショットを沢山打っていきましょう!^^

この記事を書いたのは

井上 法紀

井上 法紀

こんにちは^ ^
トップシーズンに向けて準備は万端ですか??
 
新しいシーズンも楽しく上達していきましょう!

週間アクセスランキング

  1. グリップの最下点を意識して安定したインパクトゾーンを手に入れる! 598ビュー
  2. ホールインワンへの道 366ビュー
  3. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 342ビュー
  4. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 266ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 226ビュー
  6. 正しい腰の回し方 220ビュー
  7. アプローチのピッチとランの比率 203ビュー
  8. AwとSwの使い分け 200ビュー
  9. ゴルフ上達のヒント!アドレスの重心位置は大丈夫ですか?! 170ビュー
  10. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 151ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る