カッコ良いフィニッシュは左手がポイントです!

2017年10月31日 |

こんにちは、toshiyukiです!
コースに出る機会も増えてくる季節だと思いますがみなさんゴルフを楽しんでますか?
今回はフィニッシュについてお話したいと思います!

コースでレッスンをしていると、たくさんのゴルファーの方がプレーされているのを拝見します。
そこでいつも思うことはほとんどの方がフィニッシュを取っていないということです。
なかには打った途端に後ろに仰け反ってしまう方もいます。(^^;;

フィニッシュが取れないということは、スイング中にバランスが崩れているのでミート率が下がりダフリやトップ、シャンクなどの原因にもなります。
打った後は極力左脚の上に腰を乗せて、1~2秒止まってボールを眺める余裕が欲しいですね!
またほとんどの方が、打った後に右手でクラブを持ちます。これはかなりの確率です!(笑)


TVでゴルフ中継などを観てもらうと分かると思いますが、プロゴルファーは打った後ほぼ左手でクラブを持ちます


これってゴルフの上達に何の関係もなさそうに思いますが、実はとっても大切なんです。
ではなぜ多くの人が右手でクラブを持つかというと、右手でクラブを振るので無意識に右手に力が入り、打った後も右手がクラブから離れないのです。
右打ちの方は右利きの人が多いと思いますがどうしても右手が強くなってしまうので、意識的に力を抜かないと左手とのバランスが悪くなり、スムーズにスイングできなくなってしまいます。
なので打った後にいつも右手を離して、左手でクラブを持つ癖をつけることで右手の力が抜きやすくなります!
初めはすごくぎこちなく感じると思いますが、是非一度試してみてください!
きっと今までになく気持ち良く振り抜けてくると思いますよ!^_−☆

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

自己紹介

こんにちは、toshiyukiです!
奈良県出身の50歳でゴルフ歴32年、レッスン歴20年のアラフィフゴルフコーチです。w
高校卒業後に研修生になりキャディやコースメンテナンス作業を行いながらツアー選手を目指しました。
8年間研修生として過ごした後、2年間アメリカのパームスプリングス(カリフォルニア州)でゴルフ留学。
アメリカでは今では当たり前ですが当時の日本にはなかったスイング動画を使ったレッスンに衝撃を受けました!

帰国後はプロコーチの江連忠プロに誘って頂き、ゴルフレッスンをスタート。
ここで学んだレッスンのスキルはもちろんのこと、諸見里しのぶプロや上田桃子プロ、岩田寛プロなどツアー選手の練習を間近で見たり一緒にトレーニングしたことは私の貴重な財産になっています。
ゴルフにはロングゲーム、ショートゲーム、コースマネージメントなど様々な要素がありますが私のゴルフはショートゲームでスコアを作っていくプレースタイルです。

WEBレッスンでもアプローチやバンカーショット、パッティングなどショートゲームについての記事を多く書かせて頂いています。
実際にレッスンでもショートゲームに関しては自信を持って皆様をサポートしていきますよ!
また個人的にはトレーニングが趣味?なのでトレーニング好きの方、大歓迎です!(笑)
ゴルフは上達や楽しむまでに時間がかかるスポーツですが地道に練習を続ければ必ず誰でも楽しめるようになります。
最近、ゴルフを始めた方も多いと思いますが多くのゴルファーにゴルフを楽しんでもらえるようサポートしていきますので一緒に頑張っていきましょう!
「継続は力なり」です!

春ですね!
ゴルフ場も芝や花が色付いてとても綺麗です!
自然の美しさを感じながらプレーするのもゴルフの楽しみ方のひとつですね!
皆さんもぜひコースに足を運んでみて下さい!
一緒に春のゴルフを満喫しましょう!(^^)

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 272ビュー
  2. 2023年新ルール知ってますか? 267ビュー
  3. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 192ビュー
  4. 競技用スコアカードの書き方 157ビュー
  5. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 157ビュー
  6. 「スプーン」は必要?!3番ウッドについて考える 150ビュー
  7. パットでショートしてしまうゴルファーの特徴と改善方法 139ビュー
  8. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 129ビュー
  9. キャディバックの持ち方 122ビュー
  10. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 115ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る