FWのインパクトイメージとは!?うまく打つポイントはソール!

2017年11月1日 |

皆さんこんにちは!ナオトです(^^)

今回はFWを安定して打つ為の「インパクト前後のポイント」をお伝えしたいと思います。

FWでのミス、ボールが上がりきらずトップボールを打ってしまう事が多いと思います。
トップボールのミスが出始めると、今度はボールを上から打ちに行く形になりFWが上手く振りぬけずに刺さってしまうケースをよく見ます。

FWはアイアンよりもソール面が広く、地面に刺さりにくい形状となっているので、少し払い打つイメージが必要となってきます。

ソール面が広くダフりにくいメリットがあるのですが、打つ瞬間にソールが地面で跳ねるようなイメージになりトップ球がでてしまうミスもあります。

ですが、飛距離を稼いでこそのクラブですので、地面でソールが滑りやすいメリットをとことん利用していきましょう!

上手く打つ為に重要となるのが打つ前の素振りになります。

レッスン中でも非常に大切にしている部分ですが、ソール面が地面の上を滑っている感覚を磨かないと安定したショットは望めません。


スイングの形も非常に重要なポイントですが、それ以前にスイング中の芝との距離感をしっかり身に着ける事が第一優先となります。

写真の様に上から打つのではなく、ソール面が地面に緩やかにランディングするイメージを持ってみて下さい。


緩やかにソールが地面を滑る素振りが出来るようになると、上手く本番で打てた時はほとんどディボットが出来ません。
ディボットが出来た場合でも、薄く芝が取れていると思います。

FWの正しいインパクトイメージはソールを地面の上を滑らせる!」これが一番重要なポイントですので、まずは綺麗に芝を擦れるかを試してみて下さいね。
素振りから意識をしていけば、必ず安定したショットが打ててくると思います。

ありがとうございました。

Naoto Golf-Coach FB 

☆キャンプのお知らせです☆
2018年2月10日~12日
初開催コース
スプリングフィールドロイヤルCC in タイ
海外ゴルフを一緒に楽しみませんか?(^^)

この記事を書いたのは

日下部 直太

日下部 直太

皆様
ゴルフシーズンがやってきました!
体をしっかり動かして、大自然の中でゴルフを楽しみましょう(^^)
個人YouTubeもぜひチェックして下さいね!
NaoGolf CHANNEL

☆SNSのフォローも宜しくお願いします。
Naoto Golf Coach FaceBook & Instagram

☆ラジオ番組『なかなか言わない?すなお部屋』 Naoto Golf-Coach
spotify

Podcast

☆ゴルフコンサルティングスタートしました!
https://www.gen-ten.jp/news/2020_99964/

☆キャンプのお知らせ☆
〇7月18日~19日
ディスカバリーキャンプ@朝霧カントリークラブ

最高の環境施設ですよ(^^)今回のキャンプはラウンドチャックをしたい方にはお勧めとなっております。

〇7月23日〜25日
強化合宿@烏山城カントリークラブ

〇 8月10日〜12日
強化合宿@サニーカントリークラブ

〇 8月15日〜16日
ディスカバリーキャンプ@朝霧カントリークラブ

☆2020年日下部直太アカデミア開催!
今回は切り返しからインパクトまでを徹底的に練習していきます。(次回開催 10月~12月期)

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 490ビュー
  2. ゴルフ 初心者が早く上達するために必要な練習とは? 432ビュー
  3. 夏のゴルフを快適にするアイテム 362ビュー
  4. 大矢隆司 取締役及びディレクターを退任のお知らせ 351ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 336ビュー
  6. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 316ビュー
  7. 上達に欠かせない!前傾姿勢をキープ出来ない原因 311ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 241ビュー
  9. 左肘はスイング中、伸ばすの? 207ビュー
  10. トップでの左膝の角度で飛距離アップ! 166ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る