ポッコン!チョロを失くしたい!〜左肘編〜

2017年10月30日 |

こんにちは〜、Yukiです(^-^;

フェアーウェイセンターのいいところからFWでショットを打ちました。
ポッコン!チョロです。あ〜あ。これはダメージが大きいですね〜。

このように突然出てしまいやすいFWでのチョロについてお話します。

この原因はインパクトでボールの芯、コアの部分にクラブヘッドが届いていないために起こります。
このようになるときはボールの下のほうからクラブヘッドが入ってきて、アッパーブローになりがちです。
ドライバーではティーアップしているので少々アッパーに入ってもオッケーですが、それ以外の長いクラブはスイングアークも大きくなるのでどうしてもこれを誘発しやすくなり、ミスヒットに繋がってしまいます。

2つの動きが大きな要因になっていますよ。
1)左肘が浮き上がる

これではヘッドも上がり、ボールの上をヒットしてしまいますね。

2)右足に体重が残り上体が起き上がる

今回は1)を防いでハンドダウンにインパクトするドリルをご紹介します。

超簡単!ショートスイングです!
ポイントは腕とグリップ位置で作るこの三角形

これをキープしたままインパクトできると左肘は浮かなくなります。

まずは素振りから、
クラブヘッドを20~30cm浮かしてアドレス

三角形キープのまま腰の下までテークバック

そのままフォロースルーまで振ります。

三角形をキープしながら上半身と下半身も使って回転させましょう!

素振りに慣れたら、通常通りにアドレスしてショートスイングでボールも打ってみてください。
この三角形キープでインパクトする感覚を養い、左肘の浮き上がりを失くしましょう!
地味ですが繰り返すと効果がありますよ。

ぜひ、ラウンドの合間やレンジ練習に取り入れてみてくださいね。

2)右足に体重が残り上体が起き上がる、の修正ドリルは次回ご紹介します。
お読みいただき、ありがとうございました(*^_^*)

FW&UTレッスンを開催します!

この記事を書いたのは

雪田 悦子

雪田 悦子

こんにちは、Yukiです^ ^
夏日も増えてきましたね!
みなさんは、生活環境の変化を強いられてストレスも溜まっていることかもしれません。コロナ対策をしてゴルフコースでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。
一面ぜ〜んぶがキレイな緑色の芝に敷き詰められたコースはとっても心地よいですよ。
さらにオンコースで楽しくスキルアップできたらサイコーですね(^^)

大好きな夏に向かってテンションが上がってきた私も、みなさんのゴルフライフをしっかりとサポートします!

暑い夏は涼しいコースでのキャンプもご用意しました。爽快な高原で集中してゴルフに取り組んでみてはいかがでしょうか。
初めての方もどうぞお気軽にご参加下さい。

☆ディスカバリーキャンプのお知らせ☆
6月27(土)-28(日)日
@朝霧カントリークラブ

7月25(土)-26日(日)
@鷲ヶ岳高原ゴルフ倶楽部

8月8(土)-9(日)
@夏泊ゴルフリンクス

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ ロブショットについて 1,285ビュー
  2. 右肘はタメずにリリース! 864ビュー
  3. ゴルフスイングの基本のキホン 751ビュー
  4. 芝生について語りたい!前編 673ビュー
  5. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 600ビュー
  6. 打点位置は意識してますか? 419ビュー
  7. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 414ビュー
  8. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 388ビュー
  9. パッティングの基本(上達の為のドリル) 219ビュー
  10. なぜコーチによって言ってる事が違うんだろう…? 213ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る