体幹を使った上肢と下肢のコントロールpart2

2018年3月22日 |

こんにちは!カズヤです^ ^今回は『体幹を使った上肢と下肢のコントロールpart2』をテーマにしたトレーニングをご紹介致します。

【トレーニング手順】
プランクの姿勢をとります。

姿勢を出来るだけ保ちながら、左肘と右膝を近づけるようにしていきます。


これを左右交互に10回行います。
先ずは3セット、30〜60秒の休憩をセット間に挟んでやってみてくださいね^ ^

これをやることで、体幹を常に意識しながら腕と足を意識的に動かすことが出来てくるので、ゴルフスイングがよりスムーズに出来てくると思います^ ^
皆さんも自分の体のコントロールを磨いてゴルフスイングに磨きをかけてくださいね^ ^

この記事を書いたのは

小西 一矢

小西 一矢

みなさんこんにちは!カズヤです。
これからゴルフを始められる方や今年こそは!と目標高く課題に取り組んでる方、様々な思いでゴルフに取り組まれている皆さんにリラックスやゲンテン、ハーフラウンドなどレベルや目的に応じたメニューで上達のサポートが出来るようにお待ちしております^ ^
また、新しく僕のブログを始めました^ ^
こちらでもレッスンの様子やゴルフの情報等を配信していきますので是非チェックしてみてくださいね(^-^)/
http://kottan.club/

週間アクセスランキング

  1. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 186ビュー
  2. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 164ビュー
  3. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 162ビュー
  4. アプローチのピッチとランの比率 147ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 146ビュー
  6. 正しい腰の回し方 138ビュー
  7. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 138ビュー
  8. 2019/11/28〜12/5週刊GEN-TEN 117ビュー
  9. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 116ビュー
  10. AwとSwの使い分け 111ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る