ベストな入射角度を体感するドリル

2018年7月12日 |

こんにちは!ゴルフが大好きな牧野佑司です。
今回のwebレッスンでは「入射角度」についてお話をさせていただきたいと思います。

クラブヘッドがボールに当たるときの角度というのはショットの出来を大きく左右するものですね。
適切な入射角度にするにはどうすればいいのでしょうか?そもそも適切な入射角度というのは、フェースの向きが目標に向かって真っすぐ当たるというように、適正値というのがクラブによって異なります。僕はできるだけ地面すれすれに当たるぐらいの低いところからボールを打つという、意識でいいのではないかと思います。ただ下から入ってしまう人もいるかもしれませんのでそれは僕の感覚になりますが。

では、ベストな入射角度を体感するにはどうすればいいのか?というドリルをご紹介していきたいと思います。

それはティーアップして打っていただくことです。使用するクラブはドライバー以外のクラブです。フェースが薄いユーティリティーやフェアウェイウッドなどでされると難しいですが効果大です。

ティーアップしてボールだけとらえるように練習してみてください。
このドリルでのポイントはティーにクラブヘッドが当たらないようにしてください。

ショットの時にティーにクラブヘッドが当たったり、フェースの上側に当たったら入射角度がベストよりも上から来ていると思ってください。

ショットの時にクラブヘッドの下側に当たったりボールの上を当たってしまうと、入射角度がベストよりも下から来ていると思ってください。

いかがでしょうか?僕がトーナメントに出場していた時の練習場で参加していたプロも同様の練習をしていました。しかもそのプロは有名プロ一門の一員だったですね。

なかなか難しいかもしれませんが何かの気づきになっていただければうれしいです。ぜひお試しください。

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

こんにちは!
出会いと別れのこの季節。この季節の雰囲気がとても好きな牧野佑司です。(花粉症のみなさま大変申し訳ありません)
暖かくなってきて芝生の芽が出てきましたね!今は1番芝生が薄くて難しい季節なのは皆さんご存知でしょうか?だからスコアが悪くても気にしないでくださいね。

暖かくなってきたからゴルフをしようかなあ、と思われているみなさま!
ラウンドの予定が入ったから練習しないとなあ、と思われているみなさま!
いいのがありますよ。コースで楽しむゲンテンレッスンです。
みなさまにラウンドがゴルフが楽しくなっていただけるようなレッスンをご提供しております。
ぽかぽか陽気のなかみなさまとお会い出来るのを楽しみにしております。

週間アクセスランキング

  1. こんな時どうする?「ドライバーが不安定な時のチェックポイント」 660ビュー
  2. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 432ビュー
  3. スイング中のフェースの向き 225ビュー
  4. 正しい腰の回し方 201ビュー
  5. ダウンスイング時の右膝のポジション 198ビュー
  6. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 181ビュー
  7. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 181ビュー
  8. アプローチのピッチとランの比率 153ビュー
  9. 3/23GMM@カレドニアン・ゴルフクラブ攻略! 151ビュー
  10. トップの位置を固めてスイングを安定させよう! 139ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る