プレッシャーに負けない!パター練習方法

2018年11月11日 |

こんにちは!
実は雨男ではない牧野佑司です。

今回はパター練習についてお話させていただきます。

皆さんはパター練習の時にはどのように練習されていますでしょうか?
距離を決めて打ったり、距離感を合わせて打ったり、なんとなく打ったり、色々な練習をされているのではないでしょうか?

今回はプレッシャーのかかった練習方法をお話します。

なぜプレッシャーのかかった練習がいいのか?
それはプレッシャーがかかると思うような動きができなくなるからです。

例えば幅20センチ、長さ5メートルの平均台があるとします。
その平均台を渡る時、平均台の高さが30センチと30メートルではどうなるでしょうか?
30メートルでは思うように体が動かなくなりますね。
それだけプレッシャーがかかると上手く動かなくなってしまいます。

ゴルフというのは多かれ少なかれプレッシャーがかかるスポーツです。
プレッシャーの克服はスコアメイクに大きく影響します。
しかしながら日頃の練習ではなかなかプレッシャーのかかる場面で練習できないですね。

そんな時にご紹介するのがこの練習です。

ボールをカップを囲むように並べてください。
そして自分にノルマを課します。
「◯球連続で入れるまでやめない!」などです。
そこから本番と同じようにラインを読んでストロークしてください。
最初はプレッシャーはかかりませんが、後半にさしかかるにつれてプレッシャーがかかってきますね。

ベタな練習方法ですが、間違いない練習です。
この練習でプレッシャーを克服し、強いゴルファーになりませんか?
競技に出られる方やパターでのゲームなどされている方にはぜひぜひおススメです!

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

みなさんこんにちは。
ゲンテンの関西を中心に活動しております牧野佑司です。
日々ゴルフというものを研究と練習と実践を重ねております。
初心者でも簡単に芯に当てることができるような方法がないものかと思っておりますが、やはり最終的にはその人それぞれの癖や傾向が1番効果的であると感じている日々です。
それだけコーチと皆様のコミュニケーションが大切で核心部分に早く辿り着くように頑張っております(^^)
キャンプや日々のレッスンで皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 224ビュー
  2. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 207ビュー
  3. シャフトクロスになる原因は右肘! 144ビュー
  4. 傾斜地のアドレス〜ゴルフ上達9つのヒント〜 136ビュー
  5. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 127ビュー
  6. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 121ビュー
  7. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 117ビュー
  8. おヘソにグリップエンドを向ける!スライス矯正ドリル 106ビュー
  9. ゴルフ テークバックはゆっくりがいい? 104ビュー
  10. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 96ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る