プレッシャーに負けない!パター練習方法

2018年11月11日 |

こんにちは!
実は雨男ではない牧野佑司です。

今回はパター練習についてお話させていただきます。

皆さんはパター練習の時にはどのように練習されていますでしょうか?
距離を決めて打ったり、距離感を合わせて打ったり、なんとなく打ったり、色々な練習をされているのではないでしょうか?

今回はプレッシャーのかかった練習方法をお話します。

なぜプレッシャーのかかった練習がいいのか?
それはプレッシャーがかかると思うような動きができなくなるからです。

例えば幅20センチ、長さ5メートルの平均台があるとします。
その平均台を渡る時、平均台の高さが30センチと30メートルではどうなるでしょうか?
30メートルでは思うように体が動かなくなりますね。
それだけプレッシャーがかかると上手く動かなくなってしまいます。

ゴルフというのは多かれ少なかれプレッシャーがかかるスポーツです。
プレッシャーの克服はスコアメイクに大きく影響します。
しかしながら日頃の練習ではなかなかプレッシャーのかかる場面で練習できないですね。

そんな時にご紹介するのがこの練習です。

ボールをカップを囲むように並べてください。
そして自分にノルマを課します。
「◯球連続で入れるまでやめない!」などです。
そこから本番と同じようにラインを読んでストロークしてください。
最初はプレッシャーはかかりませんが、後半にさしかかるにつれてプレッシャーがかかってきますね。

ベタな練習方法ですが、間違いない練習です。
この練習でプレッシャーを克服し、強いゴルファーになりませんか?
競技に出られる方やパターでのゲームなどされている方にはぜひぜひおススメです!

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

動画編集の勉強中の牧野佑司です。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

世の中がとんでもないことになってしまいましたが、ゴルフを再開しようとされている方もいらっしゃりほっとしております。

これからのことを考えるとまた色々ありそうですが、そんな時は一度考えるのをやめてゴルフに没頭されるとまた新たな気持ちになるのではないでしょうか?

ゲンテンのコーチをして9年目になりますが、より革新部分に、そしてよりシンプルに簡単にレッスンができればと思っています。

ぜひゴルフを思い切り楽しみましょう!

私牧野佑司個人的にもゴルフをしております。

悩みが修正できるようになるとこの上なく嬉しいです。そんな感動をお一人でも多く感じていただけますように頑張ります。

またゴルフコーチ牧野佑司としての考え方を下記SNSなどで発信しておりますのでご興味のある方はぜひどうぞ!

YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCDjFsScGyqpExlhlsStF6oQ?view_as=subscriber

Twitter

https://twitter.com/yuji061jr

Facebook

https://www.facebook.com/yuji.makino.10

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 472ビュー
  2. ゴルフ 初心者が早く上達するために必要な練習とは? 428ビュー
  3. 夏のゴルフを快適にするアイテム 361ビュー
  4. 大矢隆司 取締役及びディレクターを退任のお知らせ 345ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 319ビュー
  6. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 301ビュー
  7. 上達に欠かせない!前傾姿勢をキープ出来ない原因 291ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 231ビュー
  9. 左肘はスイング中、伸ばすの? 198ビュー
  10. トップでの左膝の角度で飛距離アップ! 164ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る