パッティングでショートが多い方へ

2018年11月25日 |

こんにちは、パッティング時のヘッドの見え方に今でも戸惑う牧野佑司です。

今回のwebレッスンはパッティングについてお話させていただきます。
レッスンでお話をさせていただくのですがパッティングで多くいらっしゃるのが「パッティングでショートが多いんだよね」というご意見です。
なぜショートが多いのでしょうか?
ここではショートが多い方の一つの例をお話させていただきます。

単純に距離に対してバックスイングが小さすぎる方が多いです。
距離に対してバックスイングが小さいとどうしてもショートしやすくなります。
相当速くクラブを振らないといけないのでバックスイングを今までよりも大きくとってください。

「バックスイングを大きく取りすぎてしまうとオーバーするじゃないですか?」というご意見をいただきました。
バックスイングが大きすぎるのはあまりいいことではありませんが大きなバックスイングからストロークの速さで調整することは可能であります。
ショートが多いといわれる方にはぜひ大きめのバックスイングから調整されることをお勧めしております。
最初は怖いかもしれません。
今までと同じ速度で打ってしまうとオーバーするかもしれません。
しかし継続していただくことによってショートすることが減って距離感を整えることができるのではないでしょうか?

「大は小を兼ねる」という言葉もあります。
僕も迷ったときは大きくゆっくりストロークすることを心がけております。
ぜひ試してみてくださいね!

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

こんにちは!
ゴルフを楽しんでおられますでしょうか?
ゴルフってうまくいかないと苦しい時がありますよね。そんな苦しい時間を少しでも短くなるように。そしてゴルフが楽しい時間が増えるようなレッスンを心がけております。
もちろん土台からスイングを作ったりすることも大切と思います。
1番大切なのは皆さんそれぞれ決められた目標、希望されたものを実現できるように導くことであると考えてます。
コースレッスンの強みを活かしたコースでしかできない傾斜地やアプローチ、バンカー、パターなどだけでも皆さんの力になるようなレッスンをしています。
すべてはゴルフを好きになってもらえるように。ゴルフを楽しんでもらえるように。
皆様のレッスンのご参加心よりお待ちしております。

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 344ビュー
  2. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 288ビュー
  3. 2023年新ルール知ってますか? 282ビュー
  4. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 252ビュー
  5. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 219ビュー
  6. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 150ビュー
  7. 競技用スコアカードの書き方 146ビュー
  8. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 142ビュー
  9. パットでショートしてしまうゴルファーの特徴と改善方法 138ビュー
  10. キャディバックの持ち方 135ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る