ヒント!at ヌーヴェルゴルフ倶楽部(井上法紀)

2018年11月22日 |

みなさんこんにちは^^
いまコンペシーズンの真っ盛りですね。今週末もゴルフの予定が埋まっている方が多いのではないでしょうか。
ドライバーが曲がる、3パットが多い、アプローチがざっくりなど今年も課題を克服できなかったという方もいらっしゃると思いますが、それと向き合ってゴルフをするのも大切だと思います。今回ご紹介するのはコースマネジメントをテーマにした井上法紀(Kazuki)コーチの「マネジメント強化のヒント」です。

快晴のお天気の中4名のGEN-TENメンバーさまにご参加いただきました。

カウンセリングではゴルフの調子やスキルからコースではどんなマネジメントが必要になるかをコーチと話し合いました。
コースマネジメントについて

続いてドライビングレンジで練習です。実際のコースを想定して練習を繰り返しました。

Kazukiコーチもショットを交えて説明していきました。

午後からはパッティングの練習をしたあとハーフラウンドへ行きました。

スイングの技術だけでなく、ターゲットオリエンテーションのスキル(傾斜の打ち方、選択するクラブの判断など)を磨いていくことは大切です^^
普段のラウンドではスイングのことばかりを考えてしまいがちですが、当日のコースではショットの狙い所や次の一打を意識してプレーしてもらいました。

日没の時間が早い時期でしたが問題なくプレーを終了しました!

今後もコースマネジメントに関するヒントレッスンを開催していきます。ぜひスケジュールをチェックしてくだいさいね!

〜スケジュール〜

最後までお読み頂きありがとうございました!^^

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

寺嶋 慶介

寺嶋 慶介

5/29(土)〜5/30(日)富岡倶楽部でディスカバリーキャンプを開催します




キャンプ詳細ページ

YouTubeでレッスン動画を配信しています
レッスン動画をYouTubeに配信しています。

2021年Regina初夏号「ビギナーさんいらっしゃい!」の取材受けました

サイクロイド曲線を描くゴルフスイング
サイクロイド曲線に沿ってスイングができると物理的に最高のヘッドスピードが生まれるので飛距離が上がる可能性があります。また距離に関わらず同じタイミングでボールを捉えることができるので自分の打った感覚と距離のばらつき減り、弾道のブレも少なくなります。→記事

レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう
そのスイング改造はホントに正解ですか?!コーチと相談して納得できるスイングを目指していきましょう。→記事

インスタグラムに投稿しています
シンプルな動きがスイングの綺麗さに繋がっていくと思います。お気軽にフォローください。

週間アクセスランキング

  1. ラウンド中に出てしまうトップボールの3つの原因と対策 568ビュー
  2. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 346ビュー
  3. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 297ビュー
  4. 競技用スコアカードの書き方 264ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 255ビュー
  6. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 215ビュー
  7. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 203ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 191ビュー
  9. 家の中でもパッティングが上手くなる3つのドリル! 177ビュー
  10. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 121ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る