ハーフラウンド&コースレッスン at 飯能パークカントリークラブ  (日下部直太)

2018年11月2日 |

こんにちは、toshiyukiです!
先日、飯能パークカントリークラブで開催された日下部コーチのハーフラウンド&コースレッスンにお邪魔してきたのでレポートします。

当日は快晴で11月とは思えないほど暖かく絶好のゴルフ日和となりました!
そんな中、4名のメンバー様が参加されました。

今回のハーフラウンド&コースレッスンは午前中に9ホールをプレーし午後からまたコースで様々な状況から定点練習を行う一日中コースでレッスンを受けられる贅沢なヒントレッスンです!

まずはカウンセリングでその日の課題や改善ポイントなどを話し合います。

スタートまで時間があるので練習グリーンでパッティングのレッスンを行いました。
練習器具を使ってクラブヘッドの軌道やフェースの向きをチェックしていきました。

そしていよいよハーフラウンドスタートです!

プレー中も日下部コーチからコースリーディングや傾斜地での注意点などアドバイスがありました。

午後からは様々な状況から定点練習を行いました。

午前中にミスしたクラブやライなどをコースでアドバイスを受けながら繰り返し練習できるのですぐに改善できますね!
また苦手なショットも克服しやすいですね!

最後はコーチも一緒にプレーしましたよ!
ナイスショット!!

練習場では上手く打てるけどコースに行くと上手くいかないという方やラウンドの機会が少ない方はぜひハーフラウンド&コースレッスンで経験値を上げていきましょう!
皆さんのご参加をお待ちしています!

ご予約はこちらから

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

自己紹介

こんにちは、toshiyukiです!
奈良県出身の50歳でゴルフ歴32年、レッスン歴20年のアラフィフゴルフコーチです。w
高校卒業後に研修生になりキャディやコースメンテナンス作業を行いながらツアー選手を目指しました。
8年間研修生として過ごした後、2年間アメリカのパームスプリングス(カリフォルニア州)でゴルフ留学。
アメリカでは今では当たり前ですが当時の日本にはなかったスイング動画を使ったレッスンに衝撃を受けました!

帰国後はプロコーチの江連忠プロに誘って頂き、ゴルフレッスンをスタート。
ここで学んだレッスンのスキルはもちろんのこと、諸見里しのぶプロや上田桃子プロ、岩田寛プロなどツアー選手の練習を間近で見たり一緒にトレーニングしたことは私の貴重な財産になっています。
ゴルフにはロングゲーム、ショートゲーム、コースマネージメントなど様々な要素がありますが私のゴルフはショートゲームでスコアを作っていくプレースタイルです。

WEBレッスンでもアプローチやバンカーショット、パッティングなどショートゲームについての記事を多く書かせて頂いています。
実際にレッスンでもショートゲームに関しては自信を持って皆様をサポートしていきますよ!
また個人的にはトレーニングが趣味?なのでトレーニング好きの方、大歓迎です!(笑)
ゴルフは上達や楽しむまでに時間がかかるスポーツですが地道に練習を続ければ必ず誰でも楽しめるようになります。
最近、ゴルフを始めた方も多いと思いますが多くのゴルファーにゴルフを楽しんでもらえるようサポートしていきますので一緒に頑張っていきましょう!
「継続は力なり」です!

まだ2月ですが春を感じる暖かい日が続いていますね!
ゴルファーにとっては嬉しい限りですね!
でも暖かくなると花粉が・・・苦笑
花粉対策も行いながら春のゴルフシーズンに向けて一緒にレベルアップしていきましょう!
皆様にお会い出来るのを楽しみにお待ちしています!(^^)

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 270ビュー
  2. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 206ビュー
  3. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 175ビュー
  4. キャディバックの持ち方 136ビュー
  5. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 131ビュー
  6. シャフトクロスになる原因は右肘! 128ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 119ビュー
  8. ゴルフ ドライバーを飛距離アップさせるための6つの方法 102ビュー
  9. FOURTEEN DJ-6試打レポート 99ビュー
  10. 週1くらいがベスト?! 理想的な必要なゴルフの練習頻度について 76ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る