ゴルフ上達のヒント!〜パッティングストロークを安定させるコツ!〜

2019年10月17日 |

こんにちは、toshiyukiです!
爽やかな風が気持ち良く感じる季節になりましたね!
皆さん、ゴルフ楽しんでますか?

前回に続いて今回もパッティングについてお話しします!
テーマはこちら!

『パッティングストロークを安定させるコツ!』

前回の記事でもお伝えしましたがパッティングの方向を決めるのはフェースの向きです。
まずはアドレスでしっかり狙った方向にフェースを合わせる必要があります。
そしてインパクトでもアドレスと同じ向きにフェースが戻ってこないと狙った方向に打ち出せません。
その為にはストローク中のクラブヘッドの軌道をできるだけストレートに動かしていった方がフェースをまっすぐ戻してきやすくなります。
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングストロークアドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングストロークテークバックの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングストロークフォローの写真

◼︎パッティングの軌道はIN to IN ?

よくパッティングの軌道はIN to INが理想だと言われますが急激にIN to INに動かすとフェースが極端に開いたり閉じたりしてスクエアにインパクトしづらくなります。
私の考えとしてはボールの前後20cmぐらいはストレートに動いてから緩やかにインサイドに動いていくようにストロークすることをお勧めします。

◼︎ストローク中、クラブヘッドは内側に動きやすい?

アドレス時にはパターのヘッドを地面に置いて構える方がほとんどだと思いますがストローク中は当然のことながらパターのクラブヘッドは地面から離れます。
GEN-TENゴルフコースレッスンパターの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンパターの写真②
この時、クラブには重力がかかるのでクラブヘッドは内側(脚側)に動きやすくなります。
なのでターゲットラインに対してインサイドに動きやすくなります。

◼︎シャフトの下側を支える

なのでクラブを上から握るようにグリップすると重力に負けて急激にインサイドに動きやすくなります。
また手の力でまっすぐ動かそうとすると力んでスムーズにストロークできなくなります。
なので軽く脇を締める感じでシャフトの下側を支えるようにグリップするとストレートに動かしやすくなります。
GEN-TENゴルフコースレッスンパターを下から支えている写真
GEN-TENゴルフコースレッスンパターを下から支えながらグリップしている写真
GEN-TENゴルフコースレッスンパターの下側を支えている写真
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングのアドレスの写真
最近、PGAツアーでもシャフトの下側に右手を添えて持つクローグリップでパットする選手を多く見かけます。
クローグリップで持つ理由は選手それぞれに違うと思いますが意識の有無に関係なくクラブを下から支えるという意味では共通していると思います。
だからといって私自身クローグリップかというとそうではありませんが(笑)、常に下からクラブを支える感覚は持っています。
ストローク中の軌道やフェースの向きが安定しないという方はぜひ意識してみてください!

☆パッティングの過去の記事はこちらから☆

★キャンプのご案内★
・プロの試合も開催されるコースと充実した練習環境で課題克服のヒントを見つけていきます。パッティングの課題も一緒に克服していきましょう!
10月26日(土)〜27日(日) ディスカバリーキャンプ at JOYXゴルフ倶楽部 上月コース

・令和元年締めくくりの消化合宿はラウンド&定点練習でひたすらコースの中で打ち込んでいきます。また相模湾で獲れる新鮮な海の幸を堪能しましょう!
12月21日(土)〜23日(月) 強化合宿 at 稲取ゴルフクラブ

・「北方のバラ」とも称される美しい古都チェンマイはタイ第2の都市で1月の平均気温は22度と過ごしやすく人気の都市です。
そんなチェンマイでNo.1と言われるアルパイン・ゴルフリゾート・チェンマイは自然を活かした雄大なレイアウトでバンコクでは味わえない適度なアンジュレーションがあるデザインが特徴でチェンマイの景色を味わいながらプレーできます。人里離れた山麓の大自然でリゾートゴルフを楽しみましょう!
2月22日(土)〜24日(月) 強化合宿 at アルパイン・ゴルフリゾート・チェンマイ(タイ)

ご予約はこちらから

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

自己紹介

こんにちは、toshiyukiです!
奈良県出身の48歳でゴルフ歴30年、レッスン歴18年のアラフィフゴルフコーチです。w
高校卒業後に研修生になりキャディやコースメンテナンス作業を行いながらツアー選手を目指しました。
8年間研修生として過ごした後、2年間アメリカのパームスプリングス(カリフォルニア州)でゴルフ留学。
アメリカでは今では当たり前ですが当時の日本にはなかったスイング動画を使ったレッスンに衝撃を受けました!
帰国後はプロコーチの江連忠プロに誘って頂き、ゴルフレッスンをスタート。
ここで学んだレッスンのスキルはもちろんのこと、諸見里しのぶプロや上田桃子プロ、岩田寛プロなどツアー選手の練習を間近で見たり一緒にトレーニングしたことは私の貴重な財産になっています。
ゴルフにはロングゲーム、ショートゲーム、コースマネージメントなど様々な要素がありますが私のゴルフはショートゲームでスコアを作っていくプレースタイルです。
なのでWEBレッスンでもアプローチやバンカーショット、パッティングなどショートゲームについての記事を多く書かせて頂いています。
実際にレッスンでもショートゲームに関しては自信を持って皆様をサポートしていきますよ!
また個人的にはトレーニングが趣味?なのでトレーニング好きの方、大歓迎です!(笑)
ゴルフは上達や楽しむまでに時間がかかるスポーツですが地道に練習を続ければ必ず誰でも楽しめるようになります。
最近、ゴルフを始めた方も多いと思いますが多くのゴルファーにゴルフを楽しんでもらえるようサポートしていきますので一緒に頑張っていきましょう!
「継続は力なり」です!

暑さだいぶ落ち着いていよいよ秋のゴルフシーズンが始まります!
爽やかな気候の中でさらなるレベルアップに向けて一緒に頑張っていきましょう!
10/8(金)〜10(日)にグランディ那須白河ゴルフクラブで強化合宿を開催します。
充実した練習環境と天然温泉やスパなどの癒しの空間をぜひ体感しに来て下さい!
皆様とお会い出来るのを楽しみにお待ちしています!(*^^*)

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ 練習場とコースのギャップを埋める3つのコツ! 857ビュー
  2. 花道からのアプローチでトップしたりチャックリしないためには? ゴルフが上手くなるためのヒント 420ビュー
  3. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 315ビュー
  4. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 282ビュー
  5. シャフトクロスになる原因は右肘! 221ビュー
  6. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 161ビュー
  7. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 156ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 151ビュー
  9. 競技用スコアカードの書き方 119ビュー
  10. ゴルフ ドライバーを飛距離アップさせるための6つの方法 116ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る