上級者にオススメ!「グリーンエッジでラフの境目にボールが止まった時の対処法」

2019年7月18日 |

こんにちは、toshiyukiです!
梅雨真っ只中、雨ゴルフ楽しんでますか?(笑)

かなりラフの芝が伸びてきてグリーン周りで写真のようなライに止まってしまうことが増えてくると思います。
こんな時、皆さんはどうやって打ちますか?
GEN-TENゴルフコースレッスングリーンエッジにボールが止まっている写真
パターで打つという方が多いと思いますがテークバックでラフが邪魔になって上手くミートできなかったりインパクトでボールとフェースの間に芝が挟まって距離感が合わなかったりする場合もあると思います。
GEN-TENゴルフコースレッスンバッティングダウンスイングの写真
そこでオススメするのがウェッジのリーディングエッジでボールを打つ方法です。
GEN-TENゴルフコースレッスンウェッジを持っている写真

◼︎アドレス

まずクラブを短く持ち、ボールを左目の真下辺りに置いてパッティングと同じ姿勢を取ります。
そしてウェッジのリーディングエッジをボールの真ん中辺りに合わせグルーブ(溝)を打ち出す方向に向けて構えます。
ちなみに私はパッティング時には逆オーバーラッピングでグリップするのでこの時も同様にグリップします。
GEN-TENゴルフコースレッスンウェッジでパッティングアドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンウェッジでパッティンググリップの写真

◼︎テークバック〜ダウンスイング

パッティングと同じように頭と下半身は動かさず手首の動きを抑えて肩や背中などでストロークします。
GEN-TENゴルフコースレッスンウェッジでパッティングテークバックの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンウェッジでパッティングダウンスイングの写真

◼︎インパクト〜フォロー

インパクトからフォローにかけてはアドレスで構えた通りにリーディングエッジでボールの真ん中を打ち抜きます。
GEN-TENゴルフコースレッスンウェッジでパッティングインパクトの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンウェッジでパッティングフォローの写真

ウェッジだとテークバック、ダウンスイングともに芝の抵抗が少なくインパクトでフェースとボールの間に挟まる芝の量も少ないので距離感が出しやすくなります。
特にカップが近くて強く打てない状況では有効です。

リーディングエッジでボールの真ん中をしっかりミートしたり距離感を身に付けるには練習が必要ですがとても有効な技なのでぜひトライしてみてくだい!

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

今年は暖冬と言われていますが寒さに弱い私にとっては十分寒さが身に沁みます。(^^;;
しかし例年に比べると明らかに気温は高いのでゴルフがしやすいですね〜!^_−☆
せっかくの暖冬なのでコースに出てゴルフを満喫しましょう!*\(^o^)/*

★キャンプのご案内★
2/22(土)〜24(月)
強化合宿 at アルパイン・ゴルフリゾート・チェンマイ(タイ)
https://www.gen-ten.jp/event/22619

4/4(土)〜5(日)
ディスカバリーキャンプ at ウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブ
https://www.gen-ten.jp/event/22810

週間アクセスランキング

  1. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 1,659ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント!〜スライスの仕組みと改善方法〜 1,040ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 361ビュー
  4. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 353ビュー
  5. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 283ビュー
  6. アプローチのピッチとランの比率 178ビュー
  7. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 152ビュー
  8. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 130ビュー
  9. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 129ビュー
  10. ダウンスイング時の右膝のポジション 127ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る