左腕主導でアプローチの精度アップ!

2019年4月9日 |

こんにちは、toshiyukiです!
皆さん、春のゴルフシーズンを楽しんでいますか?
少しずつ新芽も顔を出しコースの景観も変わってきました。
暖かい陽射しを浴びて自然を感じながらプレーする、ゴルファーにとって至福の時間ですね!(*^^*)
これでスコアが良ければもっと楽しい!そう思っている方はたくさんいると思います。(笑)
スコアアップの為には飛距離アップやショットの精度を高める、パット数を減らすなど様々な課題がありますが今回はアプローチにフォーカスしてみたいと思います。
レッスンでもアプローチの悩みをよく聞きますがアプローチが苦手な方に共通しているのがインパクト前にコックがほどけてしまうことです。
ゴルフアプローチショットアーリーリリースインパクト
ゴルフアプローチショットアーリーリリースフィニッシュ
その原因として考えられるのが右腕の使い過ぎや力みです。
右利きの方は特に右腕の方が器用なので無意識に右腕でボールに当てにいこうとしてしまいます。また右腕でクラブをコントロールしようとするとグリップに力が入りクラブの重さが感じられなくなります。そうすると重力が使えず力でボールを飛ばそうとして力んでしまいます。
右腕の動きを改善することも大切ですが今まで使えていない左腕を意識することでアプローチの精度を上げることができます!
そこで今回は左腕一本でのアプローチ練習をご紹介します!

◾️左腕主導でアプローチする利点

左腕一本でスイングするとクラブを引っ張るような動きになります。
例えばキャリーケースなどを運ぶ時に押すよりも引っ張る方がまっすぐ動くのと同じでクラブも引っ張る方が軌道が安定します。
また引っ張ることでクラブヘッドがグリップよりも遅れてついてくるので自然にハンドファーストにボールを捉えることができます。
アプローチに限らずドライバーショットやアイアンショットでも左腕主導でスイングすることでクラブ軌道やフェースの向きが安定したりハンドファーストにインパクトしやすくなります。

◾️練習を行う際の注意点

まず通常のアドレスと同じポジションで構えます。
ゴルフアプローチショットアドレス正面の写真
ゴルフアプローチショット左腕一本アドレス正面の写真
ゴルフアプローチショットアドレス飛球線後方からの写真
ゴルフアプローチショット左腕一本アドレス飛球線後方からの写真
バックスイングは腕だけでクラブを持ち上げずに体をしっかり回しながらテークバックします。
肩や胸、背中など胴体から動かしていく意識を持つといいと思います。
ゴルフアプローチショットテークバック正面の写真
ゴルフアプローチショット左腕一本テークバック正面の写真
ゴルフアプローチショットテークバック飛球線後方からの写真
ゴルフアプローチショット左腕一本テークバック飛球線後方からの写真
ダウンスイングも同様に体の動きと同調させながらスイングします。
腕の力で無理に加速しようとせずに振り子のように重力に任せてクラブが下りてくるのを待つようなイメージで腕の力を抜いてスイングしていきましょう!
ゴルフアプローチショットダウンスイング正面の写真
ゴルフアプローチショット左腕一本ダウンスイング正面の写真
ゴルフアプローチショットダウンスイング飛球線後方からの写真
ゴルフアプローチショット左腕一本ダウンスイング飛球線後方からの写真
そしてハンドファーストにインパクト!
ゴルフアプローチショットインパクト正面の写真
ゴルフアプローチショット左腕一本インパクト正面の写真
ゴルフアプローチショットインパクト飛球線後方からの写真
ゴルフアプローチショット左腕一本インパクト飛球線後方からの写真
そこから体や腕の動きを止めずにフィニッシュまで一気に振り抜いていきます。
ゴルフアプローチショットフィニッシュ正面の写真
ゴルフアプローチショット左腕一本フィニッシュ正面の写真
ゴルフアプローチショットフィニッシュ飛球線後方からの写真
ゴルフアプローチショット左腕一本フィニッシュ飛球線後方からの写真
インパクトで体や腕が止まってしまう方を多く見かけますがやはり無意識にボールに当てにいったり飛び過ぎるのを警戒して止めてしまうことが原因ですね。
左腕一本だと余計に当たらない気がして体が止まってしまうかもしれませんがダフリやトップを恐れず空振りしてもいいので勇気を持ってフィニッシュまで振り抜いてください!
初めはうまくできないかもしれませんがぜひトライしてみてください。
根気強く繰り返し続けていくことできっと効果が現れますよ!(*^^*)
左腕主導でアプローチの精度を上げていきましょう!*\(^o^)/*

☆お知らせ

ゴールデンウィークに那須国際カントリークラブで強化合宿を開催します。
Par4とPar5の2ホールを練習施設にしたトライフィールドで芝の上から思う存分ボールが打てます!アプローチエリアも充実しています!
今回、ご紹介したアプローチの練習も芝の上で練習するとより効果的ですよ!
皆さんのご参加をお待ちしております!

ご予約はこちらから

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

自己紹介

こんにちは、toshiyukiです!
奈良県出身の50歳でゴルフ歴32年、レッスン歴20年のアラフィフゴルフコーチです。w
高校卒業後に研修生になりキャディやコースメンテナンス作業を行いながらツアー選手を目指しました。
8年間研修生として過ごした後、2年間アメリカのパームスプリングス(カリフォルニア州)でゴルフ留学。
アメリカでは今では当たり前ですが当時の日本にはなかったスイング動画を使ったレッスンに衝撃を受けました!

帰国後はプロコーチの江連忠プロに誘って頂き、ゴルフレッスンをスタート。
ここで学んだレッスンのスキルはもちろんのこと、諸見里しのぶプロや上田桃子プロ、岩田寛プロなどツアー選手の練習を間近で見たり一緒にトレーニングしたことは私の貴重な財産になっています。
ゴルフにはロングゲーム、ショートゲーム、コースマネージメントなど様々な要素がありますが私のゴルフはショートゲームでスコアを作っていくプレースタイルです。

WEBレッスンでもアプローチやバンカーショット、パッティングなどショートゲームについての記事を多く書かせて頂いています。
実際にレッスンでもショートゲームに関しては自信を持って皆様をサポートしていきますよ!
また個人的にはトレーニングが趣味?なのでトレーニング好きの方、大歓迎です!(笑)
ゴルフは上達や楽しむまでに時間がかかるスポーツですが地道に練習を続ければ必ず誰でも楽しめるようになります。
最近、ゴルフを始めた方も多いと思いますが多くのゴルファーにゴルフを楽しんでもらえるようサポートしていきますので一緒に頑張っていきましょう!
「継続は力なり」です!

春ですね!
ゴルフ場も芝や花が色付いてとても綺麗です!
自然の美しさを感じながらプレーするのもゴルフの楽しみ方のひとつですね!
皆さんもぜひコースに足を運んでみて下さい!
一緒に春のゴルフを満喫しましょう!(^^)

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 307ビュー
  2. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 283ビュー
  3. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 272ビュー
  4. 2023年新ルール知ってますか? 200ビュー
  5. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 185ビュー
  6. キャディバックの持ち方 181ビュー
  7. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 173ビュー
  8. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 167ビュー
  9. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 147ビュー
  10. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 137ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る