柔らかいアプローチショットを打つためのポイント

2019年4月8日 |

こんにちは norihiroです(^^)
いよいよマスターズも開幕間近ですが、今年はどんなドラマが待っているのでしょうか。
ワクワクしますね!
今回は柔らかいアプローチショットを打つためのポイントをご紹介します。
GEN-TENゴルフコースレッスン

■ピッチショットとは?

ボールを高い打ち出しでピンを狙うアプローチショットを「ピッチショット」と言います。
このピッチショットは高さを出すことでボールを真上から落として転がりを計算に入れない場面で非常に有効な打ち方です。
例えば…バンカー越え、砲台グリーン、グリーンが硬く速い場合でも有利にゴルフを展開できるアプローチショットになります。
GEN-TENゴルフコースレッスンピッチショットフォロー正面からの写真

■ポイント①「バックスイング時のクラブフェースの向き」

バックスイング初期では肩は縦に動いていくのが正しい身体の動きですが、クラブフェースの向きが地面を指す(シャットフェース)ように上げてしまうと、通常のロフト角以上の角度でインパクトされてしまいピッチショットを打つには複雑な動きになってしまいます。
GEN-TENゴルフコースレッスンピッチショットテークバックシャットフェース
ですのでバックスイングの初期ではクラブフェースを少しずつ開くようなイメージで始動していくことが大切です。
普段シャットフェース気味で上がってしまう方は最低でも写真ぐらいのフェースアングルを目指してみてください(^^)
GEN-TENゴルフコースレッスンピッチショットテークバックオープンフェース

■ポイント②「フォロースルーの大きさ」

ここは大きなポイントになってきます。
ボールを上げていくピッチショットはリスクもあるため、ゴルフ経験の豊富な方ほどフォロースルーを小さくしてしまう傾向にあります。
ただし、このフォロースルーはクラブスピードに急ブレーキをかけている状態と同じです。
GEN-TENゴルフコースレッスンピッチショットフォロー前方からの写真
また同じように手首の角度をキープし続ける意識もクラブスピードを止める要因になってしまいます。
GEN-TENゴルフコースレッスンピッチショットフォロー正面手首の角度をキープ
どんなショットにおいてもクラブスピードは加速していくことが大切になるため、ピッチショットにおいても大きなフォロースルーを取ることを意識してみてください(^^)
GEN-TENゴルフコースレッスンピッチショットフォローリリース
理想的なのは正面から見た時に腕とクラブシャフトのラインが「L」のような形で終えていることが大切になります。
この形を意識することでプレッシャーのかかる場面にも対応できるようにもなります。
GEN-TENゴルフコースレッスンピッチショットフォロー正面からの写真②
…とは言うものの、クラブをグリップしている腕と身体の動きが同調することが大前提であることを忘れずに練習してみてください。

引き続き、春のゴルフを楽しみましょう!
ゴルフ場でお待ちしております(^^)

この記事を書いたのは

井上 範大

井上 範大

本格的なゴルフシーズンです!
ゴルフを一緒に楽しみましょう(^^)♪
レッスン会場でお待ちしております(^-^)/

来年のタイキャンプの開催情報も更新しますので、お楽しみにぃ〜

◼︎SNS
個人ブログ「ゴルフコーチNorihiroのブログ」
も配信しております。
よろしければ、ご覧ください!
https://ameblo.jp/golfcoach-norihiro

Facebookページ
https://m.facebook.com/Golfcoach-Norihiro-1382038975399651/

Instagram
https://www.instagram.com/norihiro_blog/

週間アクセスランキング

  1. 上達のヒント!「ドライバーを得意にするコツ!」 1,580ビュー
  2. ゴルフ上級者にオススメ!アプローチの距離感を磨く練習法 835ビュー
  3. ゴルフ上達のヒント!〜フェースを開いた時の構え方〜 737ビュー
  4. 上達へのヒント!「ターゲットをどのように見ていますか!?」 277ビュー
  5. アプローチのピッチとランの比率 258ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 241ビュー
  7. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 228ビュー
  8. AwとSwの使い分け 200ビュー
  9. 正しい腰の回し方 153ビュー
  10. 競技用スコアカードの書き方 147ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る