クラブ選択に迷ったら?(アプローチ応用編Vol.2)

2018年10月9日 |

こんにちは、toshiyukiです!
今回はグリーン周りの傾斜地からのクラブ選択についてお話したいと思います。
特にボールの弾道に大きく影響する左足下がり、左足上がりについてお話します。

まず苦手な方が多い左足下がりですがボールが上がりづらい状況だということはなんとなく感じる方もいると思います。

左足下がりの場合、傾斜に沿って上から下の向かって振り抜くので弾道は低くなります。
このような状況でロフトの少ないクラブを選択するとさらにボールが上がりづらくなってしまうのでSwやLwなどのロフトの多いクラブを選択することでボールが少し上がってくれます。
特に砲台グリーンでピンが近い時などさらにフェースを開くことで高く上がって柔らかいボールを打つことができます。

では次に左足上がりです。

左足上がりでは上体を右に傾けてあまりハンドファーストにならないように構えます。ハンドファーストが強くなるとインパクトでクラブヘッドが地面に突き刺さり振り抜けなくなってしまうのでボールを右足寄りに置き過ぎないように気をつけてください。

このように構えると左足下がりとは逆にロフトが多くなりボールが上がりやすくなります。
ピンが近い時はロフトの多いクラブを選択することでボールが高く上がり止まってくれるのでとても有効です。

逆にピンが遠い時はロフトの少ないクラブを選択することでボールがあまり上がらずにランが増えます。よって小さい振り幅で済むのでミート率も上がりミスが減りますね!

これまで基本編、応用編Vol.1、Vol.2とお話してきましたがクラブを選択する前にまずライや傾斜などの状況を確認してどういう球筋を打つのかイメージすることがとても大切です!
球筋のイメージがないとクラブだけではなくボールの位置や振り幅など何も決まらないので必ず球筋をできるだけ鮮明にイメージしてください!
イメージ通りの球筋を打つためにもぜひGEN-TENのレッスンにご参加頂きいろんなクラブや状況で練習してアプローチのバリエーションを増やしてください!
たくさんの方にお会いできるのを楽しみにしています!

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

もうすぐそこまで秋が近づいてきましたね〜!
ゴルフシーズンもやってきますよ♬
コースで秋の気配を感じながらスキルアップを目指しましょう!(*^^*)
秋のキャンプも充実してます!
ディスカバリーキャンプ at Kochi黒潮カントリークラブ(高知) 他 中村 敏之
強化合宿 at 烏山城カントリークラブ(栃木) 中村 敏之

週間アクセスランキング

  1. 突然ショットが乱れた時のチェックポイント! 691ビュー
  2. 2018年10月下旬発売予定 Taylormade GAPR(ギャッパー) 461ビュー
  3. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 202ビュー
  4. スイング中のフェースの向き 198ビュー
  5. ドライバーでの下半身の使い方〜左膝編〜 183ビュー
  6. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 172ビュー
  7. ハーフラウンド at ウッドフレンズ森林公園ゴルフ場(坂井慎之介) 150ビュー
  8. トップの位置を固めてスイングを安定させよう! 149ビュー
  9. カート道からの救済方法 129ビュー
  10. ダウンスイング時の右膝のポジション 127ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る