フェアウェイバンカーでのクラブ選択

2019年5月16日 |

こんにちは、toshiyukiです!
今回はフェアウェイバンカーでのクラブ選択についてお話しします。

『フェアウェイバンカーからは積極的なクラブ選択を!』

◆ウェッジは意外にリスクが高い!

GEN-TENゴルフコースレッスンフェアウェイバンカーウェッジの写真
レッスン時にフェアウェイバンカーからPwやSwも持つ方をたまに見かけます。
バンカーに入ったらSwとういう固定概念や確実にウェッジでフェアウェイに出そうという考えからウェッジを選択される方も多いと思います。
しかし大半のフェアウェイバンカーはアゴが低くなっているのでボールを高く上げる必要ないのでロフトの多いSwを選択する必要はありません。
また確実に脱出することも大切ですがあまり消極的になり過ぎると残りの距離が長くなって次のショットでグリーンを捉えることが難しくなります。
さらにウェッジで打つと砂を深く取ってしまい距離が出ずに同じバンカーに落ちて目玉になってしまう可能性もあります。
GEN-TENゴルフコースレッスンフェアウェイバンカーからのショットSwアドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンフェアウェイバンカーからのショットSwインパクトの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンフェアウェイバンカーからのショットSwフィニッシュの写真

◆FWやUTの方がミスをカバーしてくれる!

無理にグリーンを狙う必要はありませんがグリーンの側までは飛ばしていけるクラブを選択することをお勧めします。
Par5のセカンドショットならライが良ければFWやUTを持ってもいいでしょう!
FWやUTはソールが広いので多少ダフってもヘッドが砂に潜らないのでそこそこボールを飛ばしていけます。
逆にトップしたとしてもアゴが低いので脱出できる確率は高いです。
GEN-TENゴルフコースレッスンフェアウェイバンカーFW&UTの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンフェアウェイバンカーからのショットUTアドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンフェアウェイバンカーからのショットUTインパクトの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンフェアウェイバンカーからのショットUTフォロースルーの写真
なかにはアゴの高いフェアウェイバンカーもあるのでそういう時はアゴを越せるクラブで確実に脱出しましょう!

フェアウェイバンカーに限らず状況によってどのクラブを選択するべきかすぐに判断できるようになるためにはコースでの経験値を増やしていくことも大切ですね!
GEN-TENのコンセプトメニューであるゲンテンレッスンはコース内のあらゆるシチュエーションから練習して頂けるレッスンになっていますのでぜひ経験値を増やしに来てください!

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

暑さも過ぎ、涼しい秋のゴルフシーズンがやって来ました!(^^)
コースコンディションも最高のこの季節に自然の中を歩くととても気持ち良いですよ!(*^^*)
さあ、コースへ出かけましょう!
https://www.gen-ten.jp/event/24454

・ゴルフコンサルティングサービス
https://www.gen-ten.jp/news/2020_99964/

・オンラインセミナー(メンバー限定)
https://www.gen-ten.jp/clubhou…/member_diary/20200404_99566/

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 442ビュー
  2. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 327ビュー
  3. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 255ビュー
  4. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 229ビュー
  5. ゴルフ 上手くなりたい人に実践して欲しい5つのこと 218ビュー
  6. 上達に欠かせない!前傾姿勢をキープ出来ない原因 192ビュー
  7. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 150ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 149ビュー
  9. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 120ビュー
  10. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 119ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る