FOURTEEN(フォーティーン)「RM-4 Wegde」試打レポート

2020年9月6日 |

こんにちは、toshiyukiです。
先日、群馬県高崎市にあるFOURTEENの本社にお邪魔して来ました。
GEN-TENコースレッスンFOURTEEN本社
FOURTEENは1981年にクラブ設計会社としてクラブデザイナーである竹林隆光氏によって設立されました。
当初は国内外のクラブメーカーからクラブ設計の依頼を受け、数多くのヒット商品を生み出してきました。
2002年に自社ブランドを立ち上げ、同年に行われた全英オープンでアーニーエルス選手が「HI-858」という中空アイアンを使用して優勝しました。
私もこのクラブはとても印象に残っています。
「FOURTEEN」という名前の由来は「すべてのゴルファーにベストな14本を」という思いからつけられたそうです。

今回はFOURTEENが9月4日に満を時して発売する「RM-4 Wedge」をご紹介します。
GEN-TENコースレッスンFOURTEENRM4
ロフト角は46°〜60°まで2度刻みのバリエーションがありハイロフト(56°〜60°)のウェッジはS(Standard)ソールとH(High)ソールの2タイプから選ぶことが出来ます。
・S(Standard)ソール
GEN-TENコースレッスンFOURTEENRM4Sソール
・H(High)ソール
GEN-TENコースレッスンFOURTEENRM4Hソール

◼︎ステップブレード設計

新技術のステップブレード設計はバックフェース面左右に段差をつけ番手毎、用途別に厚肉部を変化させることでスピンコントロール、ヘッド操作性、打感を高めています。
46°〜54°はトウ側を厚くすることでミスヒットに強くフルショットでの使いやすさを向上させています。
GEN-TENコースレッスンFOURTEENRM4ステップブレードトウ
56°〜60°はヒール側を厚くすることでアプローチショットでの操作性と打感を向上させています。
GEN-TENコースレッスンFOURTEENRM4ステップブレードヒール

◼︎逆テーパーブレード

逆テーパーブレードとはFOURTEEN独自の設計によりブレード上部方向にかけて厚みを持たせることでインパクト時のヘッドの安定性を高めています。
「RM-4」ではさらにバックフェース面の最薄肉部に制作時間をかけて精密CNCミーリングを施しフェース厚を徹底管理しています。
GEN-TENコースレッスンFOURTEENRM4逆テーパーブレード

◼︎精密設計スコアライン&鏡面ミーリングフェース

スコアライン(溝)にもFOURTEEN独自の設計が施されており一本一本丁寧に彫刻されています。
またフェース面には通常の2倍の時間をかけ平面精度を向上させることで方向性やスピン量も安定します。
GEN-TENコースレッスンFOURTEENRM4フェース面
本社の駐車場の横にあるアプローチエリアで実際に58°と60°を試打させて頂きましたがボールがフェースに乗っている時間がとても長く感じられスピンも効いて球筋をコントロールしやすいという印象を強く受けました。
GEN-TENコースレッスンFOURTEENRM4試打アプローチ
GEN-TENコースレッスンFOURTEENRM4試打バンカーショット

これからレッスンやキャンプなどで皆様にも試打して頂く機会もあると思いますので楽しみにしていて下さい!

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

自己紹介

こんにちは、toshiyukiです!
奈良県出身の48歳でゴルフ歴30年、レッスン歴18年のアラフィフゴルフコーチです。w
高校卒業後に研修生になりキャディやコースメンテナンス作業を行いながらツアー選手を目指しました。
8年間研修生として過ごした後、2年間アメリカのパームスプリングス(カリフォルニア州)でゴルフ留学。
アメリカでは今では当たり前ですが当時の日本にはなかったスイング動画を使ったレッスンに衝撃を受けました!

帰国後はプロコーチの江連忠プロに誘って頂き、ゴルフレッスンをスタート。
ここで学んだレッスンのスキルはもちろんのこと、諸見里しのぶプロや上田桃子プロ、岩田寛プロなどツアー選手の練習を間近で見たり一緒にトレーニングしたことは私の貴重な財産になっています。
ゴルフにはロングゲーム、ショートゲーム、コースマネージメントなど様々な要素がありますが私のゴルフはショートゲームでスコアを作っていくプレースタイルです。

WEBレッスンでもアプローチやバンカーショット、パッティングなどショートゲームについての記事を多く書かせて頂いています。
実際にレッスンでもショートゲームに関しては自信を持って皆様をサポートしていきますよ!
また個人的にはトレーニングが趣味?なのでトレーニング好きの方、大歓迎です!(笑)
ゴルフは上達や楽しむまでに時間がかかるスポーツですが地道に練習を続ければ必ず誰でも楽しめるようになります。
最近、ゴルフを始めた方も多いと思いますが多くのゴルファーにゴルフを楽しんでもらえるようサポートしていきますので一緒に頑張っていきましょう!
「継続は力なり」です!

2022年が開けました!
今年も新たな目標に向かって一緒に頑張っていきましょう!
その目標を達成する為にこのオフシーズンでみっちり基礎を作っていきましょう!
ゴルフの基礎を作るにはまずアプローチから!
アプローチのスキルを磨くとともにフルスイングにも共通する動きを小さいスイングで行うことで習得しやすくなります!
2月はショートゲームのヒントレッスン、
3月にはショートゲームをメインにしたキャンプ
https://www.gen-ten.jp/event/27666
を開催しますのでぜひ基礎を習得しに来て下さい!
皆様のご参加をお待ちしています!

週間アクセスランキング

  1. 脱ビギナーゴルフ!迷惑をかけないプレーのスピードとコツ(プレーファストについて) 541ビュー
  2. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 218ビュー
  3. イケてるキャディバックの持ち方 206ビュー
  4. シャフトクロスになる原因は右肘! 177ビュー
  5. ゴルフ ドライバーを飛距離アップさせるための6つの方法 170ビュー
  6. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 142ビュー
  7. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 114ビュー
  8. 前傾姿勢を保つには左肩がポイント! 105ビュー
  9. キャスティング防止でインパクトを安定させよう! 97ビュー
  10. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 95ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る