アドレスのチェックポイント「肩の上下編」

2019年5月16日 |

こんにちは。レッスンでも自分のプレーでもアドレスを大切にしている牧野佑司です。
GEN-TENゴルフコースレッスンアドレスの写真
今回は冒頭のご挨拶そのままで、アドレスのお話をさせていただきます。

『構え方の注意点』

みなさまはアドレスでどのようなことを意識されているでしょうか?
アドレスと一言で言っても大切なポイントはいろいろありますね。
今回は僕が大切にしていることをお伝えします。
それは肩の上下のラインです。
こちらが僕のアドレスです。
GEN-TENゴルフコースレッスンアドレス右肩が低い時の写真

左肩より右肩が下がっていますね。
この状態がスクエア(まっすぐ)だと考えております。

理由はゴルフのグリップは左手よりも右手を下に握るので右肩は左肩より下がっていくのが自然です。
というシンプルな考えです。

肩が地面に対してまっすぐあるという状態は左足下がりから打つという状態になります。

スイングにも無理が出てきます。
GEN-TENゴルフコースレッスンアドレス右肩が高い時の写真

先日のキャンプのナイトミーティングで某女子プロのアイアンショットで、肩がほぼ平行に構えてましたが、ものすごくダウンブローに打って大きなターフを取っていました。
平行だとクラブはダウンブローに入るのが自然ですね。

右手を左手よりも下に握ると右肩が左肩よりも下がります。
ツアー選手のアドレスや、鏡などでアドレスをチェックしてみてください。
何かのヒントになるかもしれません。

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

最高のシーズンになりました。皆様はゴルフを楽しんでおられますでしょうか?
レッスンも最高のシーズンになって楽しいです。
僕の担当します関西地区では新人の松村コーチや中村コーチも加わってパワーアップします。
僕は今までよりも攻めた内容のヒントレッスンなども開催を予定しております。ビギナーの方へ向けたレッスンから上級者の皆さまのヒントレッスンまで充実したレッスンをご用意しております!どうかご期待ください!!
最高のシーズンに皆さまとお会いできるのを楽しみにしております。

週間アクセスランキング

  1. ボールが曲がる仕組み知ってますか? 1,948ビュー
  2. ターゲットにまっすぐ構えるために! 792ビュー
  3. ナイスショットを生み出すフォロースルー 597ビュー
  4. フェアウェイバンカーでのクラブ選択 504ビュー
  5. 中途半端な距離のアプローチ 471ビュー
  6. バンカー内の傾斜 432ビュー
  7. 正しい腰の回し方 398ビュー
  8. アドレスのチェックポイント「肩の上下編」 372ビュー
  9. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 299ビュー
  10. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 284ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る