「こんな時どうしましょう?」スタンスの取れないバンカーショットの注意点

2019年4月4日 |

こんにちは!
春先は寒さが冬より厳しく感じることを今年の春に確認した牧野佑司です。

今回のウェブレッスンはスタンスの取れないバンカーショットからのお話をさせていただきます。
ゴルフバンカーショット
まずこの画像をご覧ください。
ゴルフバンカーの写真
ピン方向に構えるとスタンスの取る位置がバンカーの外側にあります。そしてボールはバンカーという状況であります。

この場合の注意点です。

スタンスの高さのまま振ってしまうとボールの上をヘッドが通過してトップしてしまいます。
トップすると大きくオーバーしてしまったりバンカーから脱出できない恐れがあります。
ですのでクラブヘッドをボールの高さまで調整していかないといけません。
ここでは2つのポイントをお話しさせていただきます。

方法①【腰の高さを低くすること】

ゴルフバンカーショットワイドスタンス
腰の高さを低くすることによってクラブがボールに届くようになります。
スタンスを広く取ることや、膝を大きく曲げて腰を低くすることができます。
この時上半身はあまり屈まないようにしてください。
上半身は平らな位置からショットする時と同じ前傾の角度をキープしてください。

方法②【左足をボールの方向に寄せる】

ゴルフバンカーショットクローズスタンスアドレス
左足をボールの方向に寄せることによってボールとの距離が詰まっていきます。ボールとの距離を詰められるとボールの上を叩くことなくしっかりバンカーショットができます。
注意点としましては、左足を前に出すと右足が邪魔になってくるのでこの場合は右足を後ろに引いてください。
そうするとスタンス方向は大きく右を向いている状況にはなりますが、振っていく方向や上半身の構えられる方向は目標方向に向けてください。

どの方法でもボールの上を叩いてしまいやすいです。しっかりクラブを打ち込むことを意識してください!
ゴルフバンカーショットクローズスタンスフィニッシュ
いろいろな状況からの練習はゲンテンレッスンで存分に練習していただけます!
皆様のご参加お待ちしております。

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

お疲れ様です。
コーチページの更新をお願いします
こんにちは
今年から始めた筋トレ継続中の牧野佑司です。
日々レッスンのアップデートを目指していますがある程度まとまったものになってきたように感じます。
もちろんもっともっと楽に速く上達できるようなお手伝いをしたいのですが、ある程度の基本がようやくわかってきたと実感しております。
理想のインパクトへの道です。
その日に結果が出なくても、そうか!こうすればいい!と先がクリアになるようなレッスンを心がけております。
そんなにいうなら久しぶりに受けようかな?という方も当然大歓迎!ぜひぜひ皆様のレッスンのご参加お待ちしております。

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 758ビュー
  2. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 574ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 460ビュー
  4. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 332ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 328ビュー
  6. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 312ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 207ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 179ビュー
  9. イケてるキャディバックの持ち方 157ビュー
  10. ゲンテンレッスン at 東千葉カントリークラブ (井上法紀コーチ) 155ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る