固いバンカーショットでの心得

2018年6月6日 |

こんにちは!自称・バンカーだけは得意な牧野佑司です。

バンカーショットで気を付けなくてはいけないことは、バンカーの砂が多い時少ない時や、柔らかい時固い時が重要な要素だといえます。
今回は固いバンカーショットについてお話をさせていただきたいと思います。

そもそもバンカーショット(この場合はガードバンカーです)ではウェッジのバウンスをボールの下に入れていかなくてはいけません。砂がたくさんあって柔らかいとクラブもボールの下に入りやすいのですが、砂が少なかったり、地面が見えていたりして固かったりするとバウンスがボールの下に入れるのが難しくなっていきます。そんな場合はどうすればいいのでしょうか?

ここでは2つの方法をご紹介させていただきます。

・砂が少なくてもバウンスを地面の下に入れていく方法
砂が少なくてかたいバンカーショットの場合はクラブがなかなかボールの下に入っていきません。なのでいつもよりも深くクラブを入れていくように思い切りたたくようにしなくてはいけません。ボールを上げて止めたい時などは、厳しいですがこの方法でもいいかと思います。

・振りを抑えて、アプローチと同じぐらいの振る力で打つ
固いバンカーであると砂の抵抗が少なくなり、ボールが遠くに飛んでしまいます。よく固いバンカーと知らずに打ってオーバーしてしまうことがあるのではないでしょうか?この打ち方では通常のバンカーショットよりも小さくふります。ほとんど芝生から打つアプローチと同じぐらいに打ってください。

これが砂が多い時のバックスイング

砂が少なくて地面が硬い時のバックスイング

ここで注意していただきたいことがあります。
バンカーの砂の量や固さなどは、正直打ってみないとわかりません。アドレスに入るときに足裏で感じるしかないですね。固さがはっきりしていればいろいろな対策が取れるのですが、そこがはっきりするかどうかが重要になっていきますので。

ちなみにツアーに出ているプロゴルファーは事前の練習ラウンドで砂の量など対策をとっています。
なかなか難しい部分ではありますが、バンカー練習場が充実しているゲンテンレッスンや、ショートゲーム施設の充実した紀伊高原キャンプなどではいろいろな状況からたくさん練習していただけます(^^)

ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

こんにちは!牧野佑司です。
僕も皆さんと同じくゴルフを上達したい一人であります。ゴルフの練習や情報収集、研究を重ねながらレッスンやゴルフを楽しんで行なっております。
またその気づきなどをブログやTwitterなどで発信しております。是非是非ぜひご覧ください。
最近のテーマは「ミスを続けさせないマインド」を心がけております。
レッスンでナイスショットを打って欲しいのはもちろんですが、ミスが出た後になんでミスになるのか?を正しく判断していただき、その対処方法によりミスを連続させないことでやればやるほどいい方向にゴルフが向かうことをテーマにしております!
是非また皆さまとお会いできるのを楽しみにしております。
私のホームページはこちらから是非ご覧ください
https://www.makinogolfcenter.com/

週間アクセスランキング

  1. アプローチ3つのアドレスで距離を打ち分ける! 435ビュー
  2. 芝生について語りたい!後編 345ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 298ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 284ビュー
  5. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 256ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 223ビュー
  7. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 214ビュー
  8. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 185ビュー
  9. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 158ビュー
  10. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 153ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る