ドライバーショット安定の秘訣

2019年6月17日 |

みなさんこんにちは、ko-seiです。
とうとう梅雨入りしてしまいましたが、予報を見ると晴れの日も多いですね!
空梅雨かな?
今回はドライバーショット安定の秘訣についてお話しします。
GEN-TENゴルフコースレッスンドライバーショットフィニッシュ飛球線後方からの写真

ズバリ、ドライバーショット安定の秘訣は膝の位置です!

GEN-TENゴルフコースレッスン膝の位置正面からの写真

GEN-TENゴルフコースレッスン膝の位置飛球線後方からの写真

せっかくバランスの良いアドレスが作れていても、スイング中に大きく動いてしまうとショットは安定しません。
GEN-TENゴルフコースレッスンドライバーショットアドレス飛球線後方からの写真

とは言え大きなエネルギーを生み出す為には、アドレスのまま動かないわけにはいかず、難しいところですが柔軟性を上げながら膝のキープに努めていきましょう!
GEN-TENゴルフコースレッスンドライバーショットトップオブスイング飛球線後方からの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンドライバーショットトップオブスイング正面からの写真

頑張って肩を回そうとすると…
GEN-TENゴルフコースレッスンドライバーショットトップオブスイング膝が伸びた状態飛球線後方からの写真

バックスイングで膝が伸び、身体とボールとの距離が変わりショットが不安定になります。
また腰も大きく回転し下半身と上半身の捻転差が作れず、エネルギーを溜める事が出来ません。

トップオブスイングで膝が伸びた反動でインパクトでは膝が前に出て、強いアウトサイドイン軌道になりやすく、大きなスライスを招きやすくなります。
GEN-TENゴルフコースレッスンドライバーショットインパクト膝が前に出た状態飛球線後方からの写真

インパクトまでアドレス時の膝の位置をキープさせるよう気をつけていきましょう!
GEN-TENゴルフコースレッスンドライバーショットインパクト飛球線後方からの写真

起こりやすい膝の動きとしては、インパクトで両膝が伸びてしまう動き。
これはトップボールが出やすくなりますね。
GEN-TENゴルフコースレッスンドライバーショットインパクト膝が伸びた状態正面からの写真

更にインパクトで左膝が伸びてしまうケースもダフリが出やすくなるので気をつけましょう。
GEN-TENゴルフコースレッスンドライバーショットインパクト左膝が伸びた状態正面からの写真

スピードの速いドライバーショット、安定のポイントはバランスの良いフィニッシュにあります。
その為には膝の安定が欠かせません。
練習する時に膝の位置に注目してみて下さい(^^)/
GEN-TENゴルフコースレッスンドライバーショットフィニッシュ飛球線後方からの写真

この記事を書いたのは

佐々木 康生

佐々木 康生

みなさんこんにちは、ko-seiです。
春のゴルフシーズン、楽しんでいますかぁー。
風が気持ちいい季節ですね。
5月よりワンウェイゴルフクラブでのレッスンがスタートします!
メニューはワンウェイゴルフクラブでしか受けられない練習&18ホールプレー。
暑くなる前にみっちり練習しておくには練習もラウンドもできて最適のメニューです。

週間アクセスランキング

  1. フォールラインを見つけてパッティングスキルアップ! 1,710ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント「フェアウェイウッドだけが苦手な方へ」 564ビュー
  3. ゴルフ上達の練習法!「結果を決めるビジネスゾーンチェック」 553ビュー
  4. バイオメカニクスからみたクラブ選びについて 411ビュー
  5. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 244ビュー
  6. アプローチのピッチとランの比率 199ビュー
  7. 正しい腰の回し方 187ビュー
  8. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 168ビュー
  9. 競技用スコアカードの書き方 168ビュー
  10. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 157ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る