グリップの最下点を意識して安定したインパクトゾーンを手に入れる!

2020年1月16日 |

こんにちは、toshiyukiです!
今年は暖冬と言われていますが寒さに弱い私としてはとても有難いです。(^^)
レッスン時も快適です!
皆さんもぜひゴルフ場に出かけられてはいかがでしょうか?
さて今回のテーマはこちらです。

『グリップの最下点を意識して安定したインパクトゾーンを手に入れる!』

◼︎ダウンブローにインパクト

アプローチやアイアンショットはダウンブローにインパクトすることが大切です。
ダウンブローとはクラブヘッドが最下点を迎える前にボールにコンタクトするということです。
なのでクラブヘッドの最下点はボールの先になります。
GEN-TENゴルフコースレッスンクラブヘッドの最下点の写真
クラブヘッドの最下点についてはイメージしてスイングされている方も多いと思いますがグリップの最下点についてはあまり意識することはないと思います。
「クラブヘッドとグリップの最下点は違うの?」と疑問に思う方もいるかも知れませんね。
実はクラブヘッドとグリップの最下点は同じではありません。
ではグリップの最下点はどこでしょう?

◼︎グリップの最下点はインパクトの手前

グリップの最下点はインパクトを迎える前、下の3枚目の写真です。
この時クラブヘッドはまだ高い位置にあり、そこからグリップは徐々にインパクトに向かって上昇し逆にクラブヘッドは下がっていきます。
GEN-TENゴルフコースレッスングリップの最下点アドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスングリップの最下点トップの写真
GEN-TENゴルフコースレッスングリップの最下点ダウンスイングの写真
GEN-TENゴルフコースレッスングリップの最下点インパクトの写真
GEN-TENゴルフコースレッスングリップの最下点フィニッシュの写真
GEN-TENゴルフコースレッスングリップの最下点アドレスの写真
このようにグリップとクラブヘッドの最下点にはズレがあります。
ズレが生じることで低く長いインパクゾーンになります。

クラブヘッドの最下点にグリップの最下点を揃えてしまうとかなり鋭角な軌道になりクラブヘッドが地面に突き刺さり振り抜けなくなります。
逆にグリップの最下点にクラブヘッドの最下点を揃えてしまうとボールの手前にクラブヘッドが落ちていわゆるダフリになります。

インパクトが安定せずダフリやトップを繰り返して悩んでいる方は一度グリップの最下点を意識してみてください。
インパクトゾーンを安定させて冬の薄い芝からもしっかりミートしていきましょう!

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

暑さも過ぎ、涼しい秋のゴルフシーズンがやって来ました!(^^)
コースコンディションも最高のこの季節に自然の中を歩くととても気持ち良いですよ!(*^^*)
さあ、コースへ出かけましょう!
https://www.gen-ten.jp/event/24454

・ゴルフコンサルティングサービス
https://www.gen-ten.jp/news/2020_99964/

・オンラインセミナー(メンバー限定)
https://www.gen-ten.jp/clubhou…/member_diary/20200404_99566/

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 443ビュー
  2. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 329ビュー
  3. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 263ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 259ビュー
  5. ゴルフ 上手くなりたい人に実践して欲しい5つのこと 205ビュー
  6. 上達に欠かせない!前傾姿勢をキープ出来ない原因 189ビュー
  7. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 175ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 162ビュー
  9. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 137ビュー
  10. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 128ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る