パッティングが上手くなる為のコツと練習方法

2021年4月27日 |

こんにちは、toshiyukiです!
前回の記事でパッティングが上手くなる為にやるべきことを3つお話ししました。
(前回の記事はこちらから)
おさらいしておくと1.傾斜を読む眼を養う、2.距離感を磨く、3.真っ直ぐ打つスキルを身に付けるでした。
今回はその3つのことを習得するためのコツや練習方法をご紹介します。

パッティングが上手くなる為のコツと練習方法

傾斜を読むコツ

まず一つ目は傾斜を読む眼を養う為の方法についてお話ししたいと思います。
これについては実際に傾斜を読んで経験値を積み重ねて感覚を養っていくしかありません。
ただ傾斜を読みやすくする為のコツはあります。
それは目線を低くすることです!
高い位置からは傾斜は見えづらいのでしゃがんで目線を低くして傾斜を読んで下さい。
そして時間があればボールの後方、カップの後方、ボールとカップの中間地点の3方向から傾斜を読みましょう。
・ボールの後方
GEN-TENコースレッスンパッティング傾斜の読みボールの後方
・カップの後方
GEN-TENコースレッスンパッティング傾斜の読みカップの後方
・ボールとカップの中間地点
GEN-TENコースレッスンパッティング傾斜の読みボールとカップの中間地点
10m以上のロングパットはボールの後方からだとカップ周りの傾斜が見づらいのでカップの後方に回り込んで傾斜を読んで下さい。
また上り下りはボールとカップの中間地点からの方が傾斜が見えやすいです。
最後にカップの後方から傾斜を読んで打ち出し方向を決めてアドレスに入りましょう。
GEN-TENコースレッスンパッティング傾斜の読みラインを決める
初めは傾斜が読めなくても経験値を積んでいけば徐々に読めるようになってくるので必ず傾斜を読んで明確にラインを決めてから打つ癖をつけて下さい!

オーバータッチを身に付ける

二つ目は距離感を磨く為の練習方法です。
私のレッスンではパッティング時にショートしてしまうという悩みをお持ちの方が多くいます。
その原因の一つとしては傾斜を読む時にカップまでのイメージしかなくカップの奥にまで視野を広げて見ることがないということが挙げられます。
その結果、ボールがカップを通り過ぎることに対しての恐怖心や不安がとても大きくなりショートしてしまいます。
まずはカップの奥にまで視野を広げるだけでもショートする確率がかなり減ってくると思います。
ではどれぐらいオーバーさせるのが一番カップインする確率が高いのでしょうか?
この問題についてショートゲーム専門のコーチであるデイブ・ペルツ氏は何度もテストを繰り返しカップを43cmオーバーさせるタッチが一番カップインする確率が高いという結論に至りました。
ということで常にカップをオーバーさせる為の練習方法をご紹介します。
用意するものはボールマーク2つ、これだけです。(笑)
できればゴルフ場のマスター室前に置いてある薄くて刺せるボールマークを使って下さい。
グリーン上のどこでもいいのでボールマークを50cmぐらいの幅に置きます。
GEN-TENコースレッスンパッティング距離感ボールマーク
そして手前のボールマークをカップだと想定して2つのボールマークの間にボールが止まるようにパットします。
GEN-TENコースレッスンパッティング距離感フォロー
GEN-TENコースレッスンパッティング距離感フィニッシュ
これをいろんな距離や上り下りを設定して練習します。
練習方法はとても簡単ですが難易度はとても高いです。(^^;;

パッティングトラックドリル

最後に真っ直ぐ打つスキルを身につける為の練習方法です。
パットの方向性はフェースの向きが80%〜90%影響すると言われています。
ストローク中のフェースの向きを安定させるにはクラブ軌道を安定させる必要があります。
パッテイングも円運動なのでストローク中のクラブ軌道はインtoインになりますがボールの前後15cmぐらいはストレートに動き、徐々にインサイドに動いていきます。
なのでクラブ軌道を安定させる為のドリルをご紹介します。
準備するものはティ(10本)、以上です。(笑)
下の写真のようにパターのヘッドよりも少し広めにティを真っ直ぐ並べて刺します。
テークバック、フォローともに15cmぐらいの長さでOKです。
GEN-TENコースレッスンパッティングトラック
そしてパターのヘッドが当たらないようにストロークします。
GEN-TENコースレッスンパッティングトラック後方テークバック
GEN-TENコースレッスンパッティングトラック後方フォロー
振り幅もテークバック、フォローともに15cmぐらいで十分です。
GEN-TENコースレッスンパッティングトラック正面テークバック
GEN-TENコースレッスンパッティングトラック正面フォロー
コツとしては極力肘から先の動きを抑えて肩や背中でストロークすること、そして慎重になり過ぎずにリズム良くストロークすることです。
初めは少し広めに設定して慣れてきたらパターヘッドの幅ギリギリで挑戦してみて下さい!

Q&A

Q.初心者ですがロングパットでショートしてしまいます。
A.パッティングの距離感はボールの転がるスピードと比例します。
速く転がれば沢山転がりますし、ゆっくり転がればあまり転がりません。
ボールの転がるスピードはストロークのスピードでコントロールしますが初心者の方はまだ経験値が浅いのでどれぐらいのスピードで転がせば何メートル転がるのかがイメージしづらいと思います。
なのでオーバータッチを意識し過ぎると大きくカップを通り越してしまい、いつまで経ってもボールがカップに近づいていきません。(^^;;
初めは半分ぐらいカップに近づければいいかなというぐらいの楽な気持ちでストロークした方が少ない打数でホールアウトすることができると思います。
徐々に経験値を上げてボールの転がるスピードと距離の感覚を身につけていきましょう!

Q.パッティング時の正しい重心の位置を教えて下さい。
A.体の重心の位置はおへその下辺り、いわゆる丹田という所にあります。
パッティングに限らずアドレスで体の重心が前後左右に片寄り過ぎるとバランスが悪くストロークが安定しません。
人によって最適な位置は違いますが重心の位置を変えることでストロークの癖を直すことができます。
動画やレッスンでコーチに確認してもらって自分の最適な重心の位置を探してみて下さい!

Q.パッティング時の距離の測り方について教えて下さい。
A.最近は距離計測器で距離を測ってショットする方を多く見かけます。
ですがパッティング時にグリーン上で計測器を使っている人は見たことがありません。(笑)
なぜでしょう?
おそらく見た目の距離を重視してパッティングされている方がほとんどだと思います。
私も目測で距離をイメージしてストロークします。
先程も距離感についてお伝えしましたがボールの転がるスピードをイメージしてパッティングするので私は何メートル打とうとか数字を意識してストロークすることはありません。
上級者の方でも歩測してパッティングされる方もいるのである程度の目安にはなると思いますがコースによってグリーンの速さが違ったり上りと下りなど数字を意識するととても複雑になってきます。
目測とボールの転がるスピードをイメージして距離感を磨いていくことをお勧めします。

いかがでしたか?
今回ご紹介した練習方法以外にも距離感や真っ直ぐ打つ為のドリルなどはまだまだ沢山ありますのでこれからまたご紹介していきたいと思います!
レッスンでもパッティングの練習方法など知りたい方はいつでも聞いて下さいね!^_−☆

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

暑さだいぶ落ち着いていよいよ秋のゴルフシーズンが始まります!
爽やかな気候の中でさらなるレベルアップに向けて一緒に頑張っていきましょう!
10/8(金)〜10(日)にグランディ那須白河ゴルフクラブで強化合宿を開催します。
充実した練習環境と天然温泉やスパなどの癒しの空間をぜひ体感しに来て下さい!
皆様とお会い出来るのを楽しみにお待ちしています!(*^^*)

週間アクセスランキング

  1. ホールインワンへの道 426ビュー
  2. シャフトクロスになる原因は右肘! 319ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 318ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 296ビュー
  5. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 278ビュー
  6. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 184ビュー
  7. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 175ビュー
  8. ゴルフ ドライバーを飛距離アップさせるための6つの方法 166ビュー
  9. 競技用スコアカードの書き方 152ビュー
  10. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 150ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る