ハーフラウンド at 高坂カントリークラブ(日下部直太)

2018年8月28日 |

こんにちは、toshiyukiです!
先日、高坂カントリークラブで開催された日下部コーチハーフラウンドレッスンにお邪魔してきました。

当日はとても良いお天気で4名の方が参加されました。
開催コースの高坂カントリークラブは関越自動車道坂戸西スマートICから約7.3km(約10分)、電車の方は東武東上線高坂駅から15分毎にクラブバスが出ているのでとてもアクセスが良いです。コースは米山コースと岩殿コースの36ホールあり米山コースでは男子プロゴルフツアーのフジサンケイクラシックが第1回〜第6回まで行われた事もあり60年の歴史と伝統あるコースです。

クラブハウスは建て直されてとても綺麗です。

練習場は2階建になっていてレッスンでは下の打席を使うので雨や陽射しを避けることができます。

午後から回る岩殿コースはバスで移動します。

岩殿コースには40ydまで打てる大きなショートゲームエリアがあり傾斜からのアプローチも練習できます。

またバンカーもあるので普段練習できないバンカーショットも練習できますよ!

コースは各ホール樹木でセパレートされていてなだらかな起伏があります。

フェアウェイは広いですが曲げるとハザードや樹木にゆくてを遮られるので正確なショットが要求されます。

グリーン周りは砲台グリーンのホールやガードバンカーが配置されていてショートゲームの実践力を磨くには最適です!

樹々に囲まれた自然を満喫しながらゴルフを楽しめる高坂カントリークラブで一緒にレベルアップしましょう!
皆さんのお越しをお待ちしております!

〜スケジュールはこちら〜

ご予約はこちらから

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

自己紹介

こんにちは、toshiyukiです!
奈良県出身の50歳でゴルフ歴32年、レッスン歴20年のアラフィフゴルフコーチです。w
高校卒業後に研修生になりキャディやコースメンテナンス作業を行いながらツアー選手を目指しました。
8年間研修生として過ごした後、2年間アメリカのパームスプリングス(カリフォルニア州)でゴルフ留学。
アメリカでは今では当たり前ですが当時の日本にはなかったスイング動画を使ったレッスンに衝撃を受けました!

帰国後はプロコーチの江連忠プロに誘って頂き、ゴルフレッスンをスタート。
ここで学んだレッスンのスキルはもちろんのこと、諸見里しのぶプロや上田桃子プロ、岩田寛プロなどツアー選手の練習を間近で見たり一緒にトレーニングしたことは私の貴重な財産になっています。
ゴルフにはロングゲーム、ショートゲーム、コースマネージメントなど様々な要素がありますが私のゴルフはショートゲームでスコアを作っていくプレースタイルです。

WEBレッスンでもアプローチやバンカーショット、パッティングなどショートゲームについての記事を多く書かせて頂いています。
実際にレッスンでもショートゲームに関しては自信を持って皆様をサポートしていきますよ!
また個人的にはトレーニングが趣味?なのでトレーニング好きの方、大歓迎です!(笑)
ゴルフは上達や楽しむまでに時間がかかるスポーツですが地道に練習を続ければ必ず誰でも楽しめるようになります。
最近、ゴルフを始めた方も多いと思いますが多くのゴルファーにゴルフを楽しんでもらえるようサポートしていきますので一緒に頑張っていきましょう!
「継続は力なり」です!

春ですね!
ゴルフ場も芝や花が色付いてとても綺麗です!
自然の美しさを感じながらプレーするのもゴルフの楽しみ方のひとつですね!
皆さんもぜひコースに足を運んでみて下さい!
一緒に春のゴルフを満喫しましょう!(^^)

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 344ビュー
  2. 2023年新ルール知ってますか? 282ビュー
  3. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 247ビュー
  4. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 229ビュー
  5. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 189ビュー
  6. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 150ビュー
  7. 競技用スコアカードの書き方 146ビュー
  8. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 142ビュー
  9. パットでショートしてしまうゴルファーの特徴と改善方法 138ビュー
  10. キャディバックの持ち方 135ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る