ゴルフ合宿〜ディスカバリーキャンプ@水上高原ゴルフコース〜

2021年8月15日 |

みなさんこんにちは!NAOTOです(^^)
今回は先日初開催しましたDiscovery Camp at 水上高原ゴルフコースの模様をお伝えします。

特徴はなんと言っても標高1000mに位置する夏にはぴったりのオールベント芝コースです。

ターフが気持ちよく取れますし、天気が良い日はカートの乗り入れプレーが可能です。今回は3日間ともお天気に恵まれ、カート乗り入れが可能で快適プレーでした(^^)

東京からおよそ車で2時間ほどで到着します。 電車のご利用の方はクラブバスが上尾高原駅もしくは水上駅から発着していますので、どの方でも気軽に参加して頂けます。フォレストコースとスカイコースがあり、それぞれ難易度が変わってきます。 どちらのコースが自分にフィットしているのか?是非ラウンドで体験してみてくださいね。

ドライビングレンジが開放的で朝のラウンド前やプレー後の振り返りとして利用して頂けます。ゴルフキャンプ初日は皆様の到着後ラウンド前にウォーミングアップとして使用しました。

昼食と食べた後は18ホールにスループレースタートです!

日差しが強い時は夏を感じますが、やはり高原ゴルフコースということもあり、風が気持ち良かったです。

お天気も凄くよく、青空が気持ち良い3日間となりました(^^)

コースの特徴の1番はグリーンのスピードに対する芝目の強さです。ホール毎にフクロウが設置されていて、フクロウから中央に向かって順目を表しています。

芝目と傾斜をうまく足し算引き算しながらグリーンを攻略していきましょう。ラウンド後はホテルにチェックインして頂き、そのまま温泉施設を利用する事が出来ます。ゴルフ場に併設の温泉大浴場ともう一つ露天風呂があるお風呂があります。 どちらも夜遅くまで利用する事が出来ますので、ゆっくり寛ぐ事が出来ます。

夕食は皆様と1日のゴルフを振り返ったり、今後の目標について語りあいます。

近年夏は気温が高くなる一方ですが、ゴルフの技術向上や青空の元で体が動きやすい夏はやっぱり良いです。

今年の水上高原GCでの開催
8月28日(土)〜8月29日(日)ディスカバリーキャンプ@水上高原GC(寺嶋慶介)

少しでも快適に過ごして楽しんで頂く為に今後も季節に応じた場所で開催していきたいと思います。
皆様のご参加をお待ちしております(^^)

NAOTO
開催スケジュール

コーチぺージ

Naoto YouTube
instagram
Facebook

ご予約はこちらから

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

日下部 直太

日下部 直太

みなさんゴルフを楽しまれていますでしょうか?(^^)
コロナ禍で暗いニュースばかりが流れていますが、皆様に少しでも
リフレッシュ&スキル向上の為にテクニックのアップデート、パッティングの
新しいスタイルを追求しております。
これから気温がぐっと上がりますので、水分補給をしっかり行って頂き、
ゴルフ場で沢山楽しんで頂けたら嬉しいです。

☆新たなチャレンジスタート!
オンラインセッションスタートします。

☆ゴルフラジオ始めちゃいました!
「なかなか言わないすなお部屋」
ゴルフに関することから、皆様からのお便りなどを読ませて頂き、ご紹介させて頂いております!
Podcast

Spotify

〇ラジオお便りはこちらから

☆Naoto Golf Coach YouTubeもぜひチェックして下さいね!
素直にリアルな日々をお届けしております。
GOLF学校-NAOTOゴルフチャンネル

☆SNSのフォローも宜しくお願いします。
Naoto Golf Coach FaceBook & Instagram

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ 練習場とコースのギャップを埋める3つのコツ! 857ビュー
  2. 花道からのアプローチでトップしたりチャックリしないためには? ゴルフが上手くなるためのヒント 420ビュー
  3. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 315ビュー
  4. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 282ビュー
  5. シャフトクロスになる原因は右肘! 220ビュー
  6. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 161ビュー
  7. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 156ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 151ビュー
  9. 競技用スコアカードの書き方 119ビュー
  10. ゴルフ ドライバーを飛距離アップさせるための6つの方法 115ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る