パッティング安定のコツ!

2016年7月10日 |

こんにちは norihiroです(^^)
暑い日が続いていますが、皆さんゴルフは楽しまれていますか!?

今回は「パッティングをさらに安定させる方法」をご紹介します。
20160710_blog_norhiro1
パッティングに課題を抱えている多くの方の傾向として「方向性」や「距離感」があるんではないでしょうか。

この2つはパッティングにおいて重要な要素ですが…
方向性」はインパクト時にクラブフェースをスクエアに当てられているか
距離感」は常に芯付近でボールを打つことができるかが大切です。

そして、この2要素を高めるために「ストローク中は下半身を動かさないこと」が非常に大切です(^^)

例えば…
多くの方は下の写真のようにフォロースルーを意識する余り、ターゲット方向へ腰を流してしまったり
20160710_blog_norhiro2
または腰をフォロースルーで後ろへ引いてしまうケースが多いです。
20160710_blog_norhiro3
これらの動きは芯を外してしまうだけでなく、ボールへ対しスクエアに当てる確率も減少させてしまうため不安定なパッティングになってしまいます。
プロのストロークをテレビで観ていても下半身を動かしている選手はいませんね。

そこで!
アライメントロッドやクラブを腰の横に立てかけた状態でストロークをします。
20160710_blog_norhiro4
もしストローク中に腰が流れたり、引けたりするとアライメントロッドやアイアンが倒れてしまいます。
20160710_blog_norhiro5
このドリルは下半身の固定と同時に肩でストロークする感覚も掴みやすいので非常にオススメです(^^)
20160710_blog_norhiro6
コースの難易度も上がるこの季節、グリーン上で1打でも減らしていきましょう!

分かりやすい動画での解説も是非ご覧下さい!

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

井上 範大

井上 範大

こんにちは norihiroです(^^)
皆さん今年のチャレンジは何でしょうか?

私ごとではありますが、昨年の11月にアルバトロスを達成することが出来ました。
私もゴルファーとして、ここ2-3年間取り組んでいたことが最高の形となりました。

2024年はレッスンを通じて、取り組みから気付いたことや感じたことを皆さんに存分にお伝えしていきたいと思います。

また春からはアカデミア(3か月間プログラム)を開催する予定です。

皆さんもご自身の可能性に「ちゃれんじ」していってくださいね!

〜オススメ〜
■YouTubeチャンネル
個人のYouTubeチャンネルを開設しました!
今後もUPしていきますので、よろしければチャンネル登録をお願いします(^^)

◼︎SNS
個人のホームページではブログを更新していきますので、よろしければご覧ください(^^)
Yahoo!クリエイターズプログラムページ
「Norihiro Golf チャンネル」
https://creators.yahoo.co.jp/norihirogolfchannel

Facebookページ

Instagram

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 302ビュー
  2. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 250ビュー
  3. 2023年新ルール知ってますか? 243ビュー
  4. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 231ビュー
  5. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 194ビュー
  6. 競技用スコアカードの書き方 153ビュー
  7. パットでショートしてしまうゴルファーの特徴と改善方法 140ビュー
  8. キャディバックの持ち方 135ビュー
  9. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 129ビュー
  10. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 127ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る