もしかしたら動きではなく、認識の違いかも!?(トップ防止編)

2016年8月26日 |

こんにちは norihiroです(^^)
熱いオリンピックは終わりましたが、ゴルフシーズンはまだまだ続きますよ〜

今回のWebレッスンは「トップ防止」に繋がる動きとの認識の違いについてです。
最近2ndショット精度を課題としている方の多くに「トップボールになってしまう」という声をよく耳にします。
これは単純にクラブヘッドがボールと同じ高さにある地面まで届いていないショットですね(^^)

またレッスンでは「クラブをきちんと地面に落としていきましょう!」というアドバイスを言われることも多いと思いますが….
「クラブを地面に落とす意識だと逆にダフってしまう」「その意識でもトップボールが出てしまう」という方は、下の写真のようにインパクトとアドレスの手元の高さが合っておらず、上体が上がったり倒れたりしている可能性があります。
※スイング動画などで見るとよく見えるので注目してみてください(^^)
20160826_blog_norihiro1

20160826_blog_norihiro2
そこでトップを防止するイメージとして…
まずトップが決まったら、アドレスをしていた手元と同じ高さに、ダウンスイング〜インパクトで再び手元を戻します。
20160826_blog_norihiro3

20160826_blog_norihiro4
そのイメージでスイングをすることで極力手元が浮かずに、理想的なタイミングでリリースもされてナイスショットが出せます!
20160826_blog_norihiro5

20160826_blog_norihiro6
ここまでは動きのお話ですが…

「でもインパクトでは上体が伸びるのでは??」という認識に対する質問もよく聞きます。
そういった認識の方は少なからず、このようなアドレスよりも前傾姿勢が起きて、インパクトの形になっているケースが多いです。
20160826_blog_norihiro7
ただ正確に言うと..上体が伸びるのはインパクト以降なんです(笑)

「インパクトでは上体が伸びないといけない」などのこういった認識の違いでもショット精度に大きな影響をもたらすので、注意してください。

ご自身で「認識は合っているのに身体が逆の動きをしているのか」「認識が間違っていて身体の動きも間違っていたのか」トップの原因を探ってみてくださいね(^^)

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

井上 範大

井上 範大

こんにちは norihiroです(^^)
皆さん今年のチャレンジは何でしょうか?

私ごとではありますが、昨年の11月にアルバトロスを達成することが出来ました。
私もゴルファーとして、ここ2-3年間取り組んでいたことが最高の形となりました。

2024年はレッスンを通じて、取り組みから気付いたことや感じたことを皆さんに存分にお伝えしていきたいと思います。

また春からはアカデミア(3か月間プログラム)を開催する予定です。

皆さんもご自身の可能性に「ちゃれんじ」していってくださいね!

〜オススメ〜
■YouTubeチャンネル
個人のYouTubeチャンネルを開設しました!
今後もUPしていきますので、よろしければチャンネル登録をお願いします(^^)

◼︎SNS
個人のホームページではブログを更新していきますので、よろしければご覧ください(^^)
Yahoo!クリエイターズプログラムページ
「Norihiro Golf チャンネル」
https://creators.yahoo.co.jp/norihirogolfchannel

Facebookページ

Instagram

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 325ビュー
  2. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 311ビュー
  3. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 245ビュー
  4. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 204ビュー
  5. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 175ビュー
  6. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 164ビュー
  7. キャディバックの持ち方 147ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 128ビュー
  9. 2023年新ルール知ってますか? 127ビュー
  10. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 121ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る