軸(背骨)を右に傾けてスイング!

2017年6月26日 |

こんにちは、toshiyukiです!
皆さんは軸のイメージってありますか?
私は背骨を軸としてイメージしながらスイングしています。
ゴルフは回転運動なので軸を安定させることでクラブの軌道が安定し、ミート率や方向性の精度が上がったり遠心力が大きくなり飛距離も伸びます!
よくレッスン書などではスパインアングル(スパイン=背骨)という言葉が出てきますが、前傾角度についての重要性を説いているものが多いですね。

今回は前傾角度ではなく、スイングを体の正面から見た時の軸の傾きについてお話します!
結論から言うと背骨を右に傾けて構え、その傾きを保ったままスイングします!
まずアドレスですが腰が右脚の上に乗り、背骨が左に傾いて構えている方をよく見かけます。

このように構えるとテークバックで体が捻転しづらく、体の右サイドが伸び上がり体重移動もできなくなってしまいます。
心当たりのある方は、まず腰を左脚に乗せ背骨を右に傾けて構えてください。


次にテークバックですがアドレスでは良い感じで構えられていても、頭を動かさない意識が強すぎて背骨が左に傾いてしまう方も多いです。
ですので頭は少し右に動いても良いので、背骨を右に傾けたままテークバックしましょう!


そしてダウンスイングですが「ビハインド・ザ・ボール」はスイング理論では鉄則ですね!
さらに「左の壁」という言葉も聞いたことがあると思います、が実はこれを勘違いされている方が非常に多いです。
以前のwebレッスンにも書きましたが「左の壁」はぶち破ってください!(笑)

ダウンスイング以降は、腰はアドレス時よりも左にスライドし左脚の上で回転します。ですのでインパクトでは背骨はアドレス時よりも少し右に傾きます。(=ベンディング)


最後にフィニッシュでは左足から頭の先までが一直線になるように立ちましょう。

軸についてはいろんな理論がありますが(スタック&チルトなど)、球筋やミート率が安定しない方はぜひ背骨の軸を意識してスイングしてみてください!

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

暖かい日が増えてきましたね!
先日は半袖でレッスンが出来るぐらい暖かくて少し早いですが春の訪れを感じました!(*^^*)
これからコースも芝が伸びてきて傾斜地からのショットなど様々なライからの対応力が必要になってきますね!
そんな対応力や芝からの経験値を上げるのにとっておきのキャンプを4/27(土)〜29(月)に那須国際カントリークラブで開催します!
実際のコースを使って様々なライから練習できる「トライフィールド」で2日間、思う存分ボールを打って頂けます!
また冬の間、ラウンドから離れていた方も多いと思いますがコースの感覚を取り戻すにはもってこいの場所です!
ゴールデンウィークはトライフィールドでコースの感覚を磨いていきましょう!
強化合宿 at 那須国際カントリークラブ(栃木) 佐々木 康生 & 中村 敏之

週間アクセスランキング

  1. なぜハンドファーストでインパクトできないのか?? 1,347ビュー
  2. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 1,178ビュー
  3. アドレス姿勢を綺麗にするためのワンポイント 919ビュー
  4. 新ルール「ドロップしたボールが止まった場所&救済を受ける際のボールの変更について」 634ビュー
  5. 正しい腰の回し方 339ビュー
  6. グリーンとカラーの境からの打ち方 329ビュー
  7. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 311ビュー
  8. 「スピン量について」 235ビュー
  9. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 228ビュー
  10. トップの位置を固めてスイングを安定させよう! 207ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る