ダウンスイング時の右膝のポジション

2017年8月1日 |

ダウンスイングに入る時の、後方の足(右利きですと右足)の膝のポジション、意識していますか?

「切り返しは下半身から」というのは正しいのですが、左腰と左足で切り返しをリードしようと体を引っ張ると、右足がおろそかになり、かかとが早く浮いて右膝が前に出てしまうことがあります。
すると右足を十分に使えないのでヘッドスピードが上がらず飛距離が出なかったり、右膝の位置が下がってダフったりすることがあります。

腰の回転につられて右足は自然と左足よりも前方に出ますが、切り返すときには右膝がなるべく左膝の後方にいる時間が長いのが理想です。LPGAにはずっとべた足でインパクトする選手がいますが、これは右膝のポジションをキープすることでスイング軸のブレを減らす助けになります。

そこで、膝が早く前へ出てしまうことを防ぐ簡単なドリルをご紹介します☆
まずクラブのヘッド側を右手で持ちます。

左膝の真後ろにグリップを当てて、シャフトを斜めに右太ももの付け根に当てます。

そこでバックスイングし、切り返しのところで右太ももが前に出ないように手で後方に押さえながら体重シフトと腰の切り返しをしてみます。

膝の曲がりを抑えることは、足の甲とスネの傾斜角を維持することと同じなので、右足ふくらはぎの外側から足の内側にアライメントロッドを立てて、右足かかとを固定して練習することもできますヨ。

ぜひお試しください。インパクトの後は、右足のかかとが上がって大きなフィニッシュを取ることが大事なので、このドリルはバックスイングからインパクトまでの動きの確認として使って下さいね。

この記事を書いたのは

野村 祥子

野村 祥子

どんどん春が近づいていますね。ゴルフの調子はいかがですか?
4月一週目の週末に関東でヒントレッスン(ハーフラウンド)を開催します。
3日(土)インテンショナルショットで傾斜に強くなる!
インテンショナルショットを練習すれば、傾斜のショットのコツがわかる。
https://www.gen-ten.jp/event/25816
4日(日)ルーティンとリチュアルを鍛える!
リチュアルってなんだ?知って納得、すぐに使えるショートゲームのワザ。
https://www.gen-ten.jp/event/25817
本格シーズンに向けて、ロングゲームとショートゲームのスキルアップを狙いましょう。ご参加お待ちしております。

週間アクセスランキング

  1. バンカーから脱出する為の3つのコツ! 491ビュー
  2. 芝生について語りたい!後編 430ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 342ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 287ビュー
  5. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 263ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 229ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 194ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 168ビュー
  9. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 156ビュー
  10. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 155ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る