50ヤード前後のバンカーショット

2017年9月12日 |

こんにちは!
今回は距離の長いバンカーショットについてお話をさせていただきます。

今回の距離の長いバンカーショットは、50ヤード前後のバンカーショットとします。
50ヤード前後のバンカーショットは、ショットの中でもとても難しい部類に入りますね。

グリーン周りからの距離の短いバンカーショットはサンドウェッジを使用します。サンドウェッジはバウンス角度が出っ張っているので、バウンスを地面に弾かせて打つクラブになっていきます。これだと砂ごと飛んでしまうので 50ヤードの距離を出すのはとても大変です。ですのでかえって、距離を出す場合このバウンス角度が邪魔になっていきます。

そこで取り出すのがピッチングウェッジです。

なぜならば、ピッチングウェッジはバウンス角度が少ないからです。バウンス角度が少ないことでボールをクリーンにヒットすることが可能になります。


具体的な方法は下記の通りになります。
ピッチングウェッジでボールを少し右足寄りに置きます。右足寄りにボールを置くと言う事は、ハンドファーストの構えになってロフト角が立って入ります。この構えをされ、そのままロフト通りにボールを打ってください。
ボールはサンドウェッジに比べて上に上がりませんが、クリーンにヒットできることによって距離を稼ぐことが可能です。イメージとしてはボールを転がすアプローチと同じ打ち方ですね。


1つ注意していただきたいのは、これだとバンカーショットから50ヤード前後の距離は稼ぐ事はできますが、ボールの前方のバンカーの顎が高い場合には厳しいのでご注意ください。

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

こんにちは。
苦しい思いをしてたくさんの気づきを得ている牧野佑司です。(自画自賛)

最高の季節がやってきました。
ぼくは暑い夏も好きですが強がるのもしんどかったです。
日本のゴルフシーズンといえば秋ですね。
日照時間が短いのもいい気候がより貴重なものだと感じさせてくれます。

秋には新キャンプ会場の信楽カントリー倶楽部さんにてディスカバリーキャンプを開催します。

近畿地区も体験レッスンやバリエーション豊かなメニューやコーチによって、より皆さまに楽しんでいただけますように近畿地区を盛り上げたいと思ってます。
私牧野佑司は東海地区にもレッスンで登場する予定です。また新たな視点から新鮮な気持ちでレッスンにご参加いただければ嬉しいです。
皆様のご参加心より楽しみにお待ちしております!!

Twitterアカウント

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ上級者 〜バンカーショットはこんな風に考えよう〜 2,580ビュー
  2. スコアアップの考え方<ショートゲーム編> 246ビュー
  3. アプローチのピッチとランの比率 158ビュー
  4. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 149ビュー
  5. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 140ビュー
  6. 競技用スコアカードの書き方 121ビュー
  7. キャディバッグの担ぎ方 103ビュー
  8. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 100ビュー
  9. スコアアップのヒント!「チップインを狙うアプローチ」 100ビュー
  10. AwとSwの使い分け 90ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る