パターの前傾姿勢は深い方が良い?!

2017年10月15日 |

皆さんこんにちは!ナオトです(^^)

今回はパターの前傾姿勢についてです。

パターのアドレスには様々グリップの握り方、スタンスの考え方がありますが、今回は前傾姿勢の深さについて提案をさせてもらおうと思います。

以前私はパターのアドレスもカッコよく、出来るだけ構えやすい方法を試していました。


その中でどうしてもパターの引き方に違和感があり、出来るだけストレートにバックスイングをしたかったのですが、
少しインサイドに入る要素が強すぎた為、右にプッシュしてしまったり、左に引っ掛ける事が多かったです。

そこで、前傾を深くしてみようとトライしてみた所、自分の思い描いていた理想のストロークに近づく事が出来ました。

前傾の深さは人によって変わってきますし、腰痛の問題、体の制限の問題であまり深くとれない方もいると思います。

一度パターのストロークに悩んでいる方は、この方法を取り入れてみて下さい。
ショートパットに悩んでいる方にお伝えしましたが、何人かの方には喜んで頂けています(^^)

通常のアドレスではこの様な感じになります。

そこで今回は前傾の角度を地面と平行になるくらい深く構えます。


浅く構えた方が、かっこよく見えますし、腰にも負担は少なくなります。
ですが、ストロークでインサイドに入る傾向が強くなるので、再現性が落ちやすくなります。(パターの形状によってはインサイドが好ましい場合があります)

前傾を深くする事により、ストロークでストレートに引きやすくなります。

ミシェル・ウィー選手(Michelle Sung Wie)も前傾の深いスタイルで皆さんを驚かしましたが、前傾を深くする理由、方法を試すほどにストロークが安定してきたように思います。
偉大なジャック・ニクラウス選手もパッティングスタイルは深かったみたいです。

普段なかなか出来ないパターだからこそ、再現性を高めやすい方法を取り入れる方が、良いのではないか?と思っています。
グリップの握り方が沢山あるように、パターの前傾角度の深さも認知されていくと面白いなと思っています。

ロングパットで距離感が出しにくい方は通常の浅い前傾角度、ショートパットでは深い前傾角度などスタイルを変えるのも面白いかもしれせんね(^^!

最初はびっくりするかもしれませんが、一度試してみて下さいね!
(腰痛の方は控えて下さいね)
ありがとうございました。

Naoto Golf-Coach FB

☆キャンプのお知らせです☆
2018年2月10日~12日
初開催コース
スプリングフィールドロイヤルCC in タイ
超本格的なコースとなっており、施設、ゴルフコース共にタイを代表するコースとなっています。

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

日下部 直太

日下部 直太

ゴルフシーズンスタート!ということで、それぞれの課題や目標に向かって沢山練習されている時期だと思います(^^)

最近では、より受講者様とコミュニケーションが取れるようにハイブリッドレッスンもスタートさせました。

日々の個人的なトレーニングや練習での発見をレッスンではお伝えしているので、受講された際はどんな細かな部分でも聞いてくださいね。

ゴルフキャンプ随時開催していますので、是非チェックして頂けたらと思います!

皆様のご参加をお待ちしております。

◉ゴルフラジオもアップしております!

是非聴いてくださいね。

☆ゴルフラジオ始めちゃいました!を配信しています!
「なかなか言わないすなお部屋」
ゴルフに関することから、皆様からのお便りなどを読ませて頂き、ご紹介させて頂いております!

Podcast(Iphone&MAC)

Spotify

〇ラジオお便りはこちらから

☆Naoto Golf Coach YouTubeもぜひチェックして下さいね!
素直にリアルな日々をお届けしております。
コースレッスン専門コーチ なおと チャンネル

☆SNSのフォローも宜しくお願いします!
Naoto Golf Coach Facebook & Instagram

★GEN-TENコーチ研修において、先日受講したシンガポールコーチによるゴルフコーチングセミナーの内容や考え方などを発表しました★

アプローチ・体の考え方、そしてなぜ受講し学びにいくのか?について私自身の経験や考え方をシェアーして、より皆さまに充実したレッスンを提供できたらなと思っております。

沢山のチャレンジを一緒に行っていきましょう!

皆様のご参加をお待ちしております!(^^)

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 343ビュー
  2. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 286ビュー
  3. 2023年新ルール知ってますか? 281ビュー
  4. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 251ビュー
  5. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 217ビュー
  6. パットでショートしてしまうゴルファーの特徴と改善方法 155ビュー
  7. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 148ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 146ビュー
  9. こんな方にお勧め!パッティングのグリップ(持ち方)3選 138ビュー
  10. キャディバックの持ち方 135ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る