ロングパットの距離感を簡単に養う方法!

2017年12月15日 |

皆さんこんにちは!ナオトです(^^)
今回はロングパットの距離感を簡単に養う方法!についてお伝えしたいと思います。

パッティングの打数を少なくするには、方向性よりも距離感が重要となります。
なかなか練習が出来ないパッティングなのに、スコアーの大部分を占める部分をどの様に向上させたら良いのか?と悩んでおられる方が多いと思います。

パターの打数を減らす最大のポイントは、ファーストパットをどれだけ寄せられるかにかかってきます。
1打目で寄せきるからこそ、2ndパットがより確率の高いものとなってきます。

寄せきる為の方法をお伝えしていきたいと思います。

距離感を出す方法として、振り幅やインパクトの強さで調整するなど代表的なイメージの作り方がありますが、今皆さんが持っている「投げる」という感覚を使う事により、より精度を高める事が出来ます。

投げる!転がす!これは普段皆さんが何気なく行っている動作です。
これを使うからこそ、ロングパットがより精度の高いものとなります。

まず、下記の様に利き手でボールを持ちます。

次にターゲットにボーリングの様に下から転がしていきます。


この時に大事なポイントは、転がす動作をしている最中は、手の握りは優しく一定の強さをキープする事です。
ここで握る強さが変わってしまうと、距離感を作り出す事は出来ません。
この様に何度もラウンド前に転がす事により、自然と距離感が養われてきます。

このドリルを試した後は、転がしたイメージが消える前に実際にパッティングをしてみましょう。

下記の様に、パッティングのストロークでも手で転がしているイメージと同じになります。

距離感が全く合わない、打数がなかなか減らない方は是非試してみてくださいね。
ロングパットは、難しい事を考えないことが一番です。
皆さんが本来持っている、距離感をパターに活かしていきましょう!

今後動画でもお伝えしていこうと思いますので、是非チェックしてみてくださいね。

ありがとうございました。

Naoto Golf-Coach FB

この記事を書いたのは

日下部 直太

日下部 直太

もう少しで春のゴルフシーズンに突入しますね!
レッスンでは皆様の頑張りに答えたいと日々コーチングスキルをレベルアップしております。また、皆様の今まで積み上げてきた努力が、新たなスイングに変化しているのを2021年に入り、凄く感じております。
とにかく、諦めない。
とにかく、コーチに何でも聞く。
これだけで大きくゴルフが変化し、楽しくなります。
そんなヒントや思ったことを個人チャンネル「なかなか言わないすなお部屋」ラジオで発信しております。
皆様とゴルフ場でお会い出来るのを楽しみにしています!

☆新たなチャレンジスタート!
オンラインセッションスタートします。

☆ゴルフラジオ始めちゃいました!
「なかなか言わないすなお部屋」
ゴルフに関することから、皆様からのお便りなどを読ませて頂き、ご紹介させて頂いております!
Podcast

Spotify

〇ラジオお便りはこちらから

☆Naoto Golf Coach YouTubeもぜひチェックして下さいね!
素直にリアルな日々をお届けしております。
GOLF学校-NAOTOゴルフチャンネル

☆SNSのフォローも宜しくお願いします。
Naoto Golf Coach FaceBook & Instagram

週間アクセスランキング

  1. バンカーから脱出する為の3つのコツ! 491ビュー
  2. 芝生について語りたい!後編 429ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 339ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 283ビュー
  5. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 260ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 229ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 193ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 164ビュー
  9. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 154ビュー
  10. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 152ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る