2018 MOG Party プロアマ戦の競技方法

2018年12月7日 |

みなさんこんにちは^^
12月15日のMOG Partyで開催するプロアマ戦が近づいてきましたね。コーチたちも当日に向けて着々と準備をしています^^

プロアマ戦の競技方法ですが、今回も昨年と同様に少し変わった形式で行います。
〜昨年の様子はレッスン日記からご覧いただけます〜

今年の競技方法はずばり「スクランブル&ステーブルフォード」です!
プロアマ戦でよく使用されるスクランブル形式(パーティの全員がティーショットを打ち、ベストなショットを選択して、またその同じ地点から全員でプレーを繰り返していく方法)にステーブルフォードを組み合わせた競技方法になります。

以下が競技方法についての詳細です。

【大会概要】
・1チーム28名(コーチ4名)団体戦(3チーム)のステーブルフォード方式
・18ホールの合計ポイントが多いチームが上位になります。
・順位にタイが生じた場合は、合計ポイント数の18番ホールからのカウントバックで順位を決定

ステーブルフォード方式の点数表

アルバトロス=7点
イーグル(パー3のホールインワンを含む)=5点
バーディ=3点
パー=1点
ボギー以上=0点

【競技の進め方】
・ティーショットからパッティングまで全てのストロークにスクランブル方式を採用します。
・打順は組み合わせに記載された左の方から順番で打ちます。
 (ただし第1打目はレギュラーティの方から打ってください。)
・第2打以降は選択したボールより1クラブ以内にプレースをしてください。
・選択したボールがグリーン上の場合は同じ位置からプレーをしてください。
・完全ホールアウトでプレーをしてください。
・ボギーが確定したらその時点で次のホールに向かいます。

チームごとにキャップを配布します。該当するチームの帽子に合わせたコーディネートの調整をお願いします。

普段は機会の少ない、コーチとのラウンドや団体戦でのプレーをお楽しみくださいね!^^

〜MOG Party 2018〜

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

寺嶋 慶介

寺嶋 慶介

4月から説明会&体験レッスンを担当します。
新年度より説明会&体験レッスンの担当をすることになりました。通常のレッスンの開催が極端に少なくなります。普段からレッスンに来て頂いてます皆様には申し訳なく思っております。数少ない通常のレッスンにもぜひいらしてくださいね!またこれからゴルフを始める方やお友達、ご家族の皆様にも説明会&体験レッスンをご紹介ください!
説明会&体験レッスンの様子

コーチ研修を行いました!
3月末に行なったコーチ研修の様子です。→東京−大阪の中間地点にあたる浜松で開催しましたよ。久しぶりに私も登壇!今後もどんどんいろんな場所でアウトプットしてスキルを高めていきたいと思います!

グリーン周りのクラブを見直してみませんか?
今年のマスターズを優勝したタイガー・ウッズ選手が愛用する「ミルドグラインド・ウェッジ」ですが過去に記事で紹介しました。
また世界のトップランカーが使用する「ハイ・トゥ ウェッジ」も注目アイテムです!
アイアンセットについているアプローチウェッジやサンドウェッジでは確実な寄せワンは期待できません。新シーズンこの機会にぜひ買い替えをお勧めします!^^

週間アクセスランキング

  1. ボールが曲がる仕組み知ってますか? 3,920ビュー
  2. ナイスショットを生み出すフォロースルー 730ビュー
  3. 中途半端な距離のアプローチ 468ビュー
  4. バンカー内の傾斜 462ビュー
  5. ターゲットにまっすぐ構えるために! 451ビュー
  6. 正しい腰の回し方 397ビュー
  7. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 298ビュー
  8. フェアウェイバンカーでのクラブ選択 292ビュー
  9. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 288ビュー
  10. アドレスのチェックポイント「肩の上下編」 284ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る