上達のヒント!〜上げるアプローチを使おう!〜

2019年9月26日 |

みなさんこんにちは、ko-seiです。
今年は梅雨明けが遅かったせいか、なかなか秋が来ませんね。
まだ熱中症の可能性があるので水分を十分にとって秋の準備をしましょう。

今回のWEBレッスンは上げるアプローチについてです。
レッスン受講者にアプローチでの使用クラブを聞いたときに、「アプローチウェッジ(A)」「ピッチングウェッジ」などの回答が聞かれます。
「サンドウェッジは?」と聞くと「バンカーだけです」「苦手なので使いません」と。
GEN-TENゴルフコースレッスン上げるアプローチウェッジの写真

最近ではロフト表示のウェッジ(48°~64°くらい)の物も多いですが、名前からするとアプローチウェッジ→アプローチで使用、サンドウェッジ→バンカーで使用となるのでアプローチウェッジを積極的に使用するのもわかりますが、ケースによってはサンドウェッジで上げるアプローチをした方がやさしいケースもあるので、いつでも使えるように準備しておきましょう!

◆なぜ上げるアプローチがやさしいのか?

GEN-TENゴルフコースレッスンバンカー越えのアプローチ
写真のケースは嫌なバンカー越えのアプローチですがクラブ毎にラン(落ちてからの転がり)を考慮し、落とし場所を考えてみましょう。

【50°】

GEN-TENゴルフコースレッスン上げるアプローチ50°の落とし所の写真
バンカーを越えてすぐの場所。
バンカーのプレッシャーが強く、落とし場所がラフ&少し受けているのでランが想定しにくいです。

【54°】

GEN-TENゴルフコースレッスン上げるアプローチ54°の落とし所の写真
グリーンエッジあたりのラフ。
まだラフなのでどのくらい影響を受けるのか?想定しにくいのと、グリーンとの境目なのでラフの抵抗を想定していたのに、少しズレてグリーンに直接落下した場合はオーバーしてしまいます。

【58°】

グリーンエッジから3ヤードくらい。
グリーンに直接落とすのでランが想定しやすく、バンカーから落とし場所が離れたのでバンカーのプレッシャーが少なくなります。
GEN-TENゴルフコースレッスン上げるアプローチ58°の落とし所の写真

もちろん同じ距離を打つ場合、ロフトの多いクラブの方が上がるため振り幅も大きくなり、精度が落ちやすい⇒大怪我になりやすいですが、バンカーのすぐ上に落とさなくてはいけなく、ラフの抵抗を想定しないといけないクラブとバンカーから落とし場所が離れてランの計算もしやすいクラブ。
現状では使い慣れていないのであまり上げるアプローチを使っていない方にはすぐにやさしいとは言えませんが、使い慣れてくればどちらがやさしいかわかりますね。

この様なケースは誰でも遭遇するので、その時の為に準備しておきましょう。
GEN-TENゴルフコースレッスン上げるアプローチテークバックの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン上げるアプローチフォローの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン上げるアプローチフィニッシュの写真

慣れないうちは結果が心配でヘッドアップが早くなったり、リズムが速くなったりしやすいので気をつけながら、まずは練習での成功体験を積みましょう。
GEN-TENゴルフコースレッスン上げるアプローチ58°ウェッジの写真

この秋、ゴルフをもっとやさしくする為にバンカーでしか使っていないサンドウェッジ(56~58°)に挑戦して見て下さい(^^)/

この記事を書いたのは

佐々木 康生

佐々木 康生

みなさん、こんにちはko-seiです。

今できる準備をしっかりと行なっていきましょう!

やまない雨はない。

週間アクセスランキング

  1. バンカーから脱出する為の3つのコツ! 491ビュー
  2. 芝生について語りたい!後編 430ビュー
  3. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 340ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 286ビュー
  5. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 261ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 229ビュー
  7. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 193ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 168ビュー
  9. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 155ビュー
  10. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 155ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る