ゴルフ上達のヒント!〜ドローとフェードの簡単な打ち分け方〜

2019年11月14日 |

こんにちは!
少し飛距離が落ちてきてなんとかせねばと焦っている牧野佑司です。

今回のウェブレッスンでは簡単なドローボールとフェードボールの打ち分け方法についてお話しさせていただきます。
GEN-TENゴルフコースレッスンアドレスの写真
何かのヒントになれば嬉しいです。
その前にボールはどうすれば簡単に曲がるのかを説明させていただきます。

◼︎ボールが曲がる仕組み

クラブヘッドの芯にボールが当たることが前提になります。
クラブヘッドがボールに当たる瞬間をインパクトと言います。
そのインパクト時のフェースの向いた方向にボールは飛び出します。
そしてそのフェースの向きに対してのクラブパス(クラブ軌道、クラブヘッドの動く方向)の差異によってボールは曲がります。
下の画像をみてください。
このようになっています。
GEN-TENゴルフコースレッスンドローボールの説明図
GEN-TENゴルフコースレッスンフェードボールの説明図

◼︎ドローとフェードを打ち分ける

では簡単に打ち分けるのはどうすればいいかというとまず体の真ん中にクラブを置いてください。
そしてその時のクラブフェースは肩の方向とまっすぐに構えてください。
この構えを基本とします。
GEN-TENゴルフコースレッスンボールを真ん中に置いたアドレスの写真

ではドローボールはどうすれば簡単に打ち分けられるのかから説明させていただきます。
まずボールの位置を体の真ん中よりも右側に置いてください。
フェースの向きは基本の構えより右に向けてください。
そしてそのまま体の方向にスイングしてみてください。そうすると低くなりますがドローボールを打つことができる(はず!)と思います。
GEN-TENゴルフコースレッスンボールを右に置いたアドレス正面からの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンボールを右に置いたアドレス後方からの写真

フェードボールは逆です。
体の左側にボールをおいてください。
フェースの向きは基本より左になります。
フェードボールはボールが高くなりますのでお気をつけください。
GEN-TENゴルフコースレッスンボールを右左に置いたアドレス正面からの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンボールを左に置いたアドレス後方からの写真

なぜそうなるのか?それはクラブが円を描いてくるからです。
GEN-TENゴルフコースレッスンアドレス後方からの写真
このように体に対してクラブは円を描いてきます。
その特性を利用するとボールの打ち分けも可能になると言うことですね。

レッスンではその円を目標に対してまっすぐに調整したり、意図的にボールを操ったりするレッスンも開催します。
皆様のご参加心よりお待ちしております。

ご予約はこちらから

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

お疲れ様です。
コーチページの更新をお願いします
こんにちは
今年から始めた筋トレ継続中の牧野佑司です。
日々レッスンのアップデートを目指していますがある程度まとまったものになってきたように感じます。
もちろんもっともっと楽に速く上達できるようなお手伝いをしたいのですが、ある程度の基本がようやくわかってきたと実感しております。
理想のインパクトへの道です。
その日に結果が出なくても、そうか!こうすればいい!と先がクリアになるようなレッスンを心がけております。
そんなにいうなら久しぶりに受けようかな?という方も当然大歓迎!ぜひぜひ皆様のレッスンのご参加お待ちしております。

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 253ビュー
  2. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 216ビュー
  3. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 215ビュー
  4. 【ゴルフ】100切りを達成するには?!コースでチャレンジしましょう! 210ビュー
  5. シャフトクロスになる原因は右肘! 202ビュー
  6. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 162ビュー
  7. キャスティング防止でインパクトを安定させよう! 148ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 132ビュー
  9. ゴルフ ドライバーを飛距離アップさせるための6つの方法 126ビュー
  10. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 116ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る