ゴルフ上達のヒント!〜パッティングで腕が動かない方へ〜

2019年9月7日 |

こんにちは!
皆さまと同じくらいにゴルフを、レッスンを上達したいと思っている牧野佑司です。

今回のウェブレッスンは!と言うよりも、今回は私、牧野の癖から気づいたことをお話ししたいと思います。
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティング牧野コーチの写真

「それはあなただけのことでしょう」と思われるかもしれません。
誰が興味があるんだと思いながら書いておりますが、お一人でもヒントになればと思います。

その気づきって何かというとパッティングについてです。

私、牧野はパッティングの時にプレッシャーがかかればかかるほどインパクトの時に過度に力が入り過ぎてしまいます。
バーディが取れなくなっている時のバーディパットなど顕著に現れます。

それによって以前に坂井コーチと一緒にプレーした時など腕が動いていないと言われました。
某海外のパターに難があるプレーヤーと見た目は同レベルだと(あくまで見た目のみ)言われたことが印象に残ってます。
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングアドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングテークバックの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングインパクトの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングフォローの写真

ではどうすればいいのか考えてみました。

・距離感のみを意識する
・結果のことを考えない
・全く違うことを考えながら打つ
・ハンドファーストに打つ
・アームロックパターを使う
・心の中で「あーーー!」と叫びながら打つ

などなど、これらの施策もまずまずの結果を出していましたが今回はどうするかというと

「インパクトで力を入れずに緩んでもいいくらいのスピードで打つ」

そのままやん!という暖かいツッコミが聞こえてきましたが甘んじて受け止めます。(笑)

その施策を実行した所、フォローが大きくなりました。
息を吐きながら打っても良かったです。
緊張した場面でも打てるようになってきました。
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングアドレスの写真②
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングテークバックの写真②
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングフォローの写真②

距離感に慣れる必要がありますが、動画で確認しても見た目が良くなりました。

いかがでしょうか?
いままでのウェブレッスンよりも抽象度が高いですが一度試してみてくださいね!

★過去のパッティングについての記事はこちらから

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

こんにちは。
苦しい思いをしてたくさんの気づきを得ている牧野佑司です。(自画自賛)

最高の季節がやってきました。
ぼくは暑い夏も好きですが強がるのもしんどかったです。
日本のゴルフシーズンといえば秋ですね。
日照時間が短いのもいい気候がより貴重なものだと感じさせてくれます。

秋には新キャンプ会場の信楽カントリー倶楽部さんにてディスカバリーキャンプを開催します。

近畿地区も体験レッスンやバリエーション豊かなメニューやコーチによって、より皆さまに楽しんでいただけますように近畿地区を盛り上げたいと思ってます。
私牧野佑司は東海地区にもレッスンで登場する予定です。また新たな視点から新鮮な気持ちでレッスンにご参加いただければ嬉しいです。
皆様のご参加心より楽しみにお待ちしております!!

Twitterアカウント

週間アクセスランキング

  1. 上達のヒント!「ドライバーを得意にするコツ!」 1,696ビュー
  2. ゴルフ上達のヒント!〜フェースを開いた時の構え方〜 803ビュー
  3. ゴルフ上級者にオススメ!アプローチの距離感を磨く練習法 778ビュー
  4. アプローチのピッチとランの比率 269ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 246ビュー
  6. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 239ビュー
  7. AwとSwの使い分け 219ビュー
  8. 正しい腰の回し方 162ビュー
  9. キャディバッグの担ぎ方 145ビュー
  10. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 129ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る