ゴルフ上達のヒント!〜パッティングで腕が動かない方へ〜

2019年9月7日 |

こんにちは!
皆さまと同じくらいにゴルフを、レッスンを上達したいと思っている牧野佑司です。

今回のウェブレッスンは!と言うよりも、今回は私、牧野の癖から気づいたことをお話ししたいと思います。
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティング牧野コーチの写真

「それはあなただけのことでしょう」と思われるかもしれません。
誰が興味があるんだと思いながら書いておりますが、お一人でもヒントになればと思います。

その気づきって何かというとパッティングについてです。

私、牧野はパッティングの時にプレッシャーがかかればかかるほどインパクトの時に過度に力が入り過ぎてしまいます。
バーディが取れなくなっている時のバーディパットなど顕著に現れます。

それによって以前に坂井コーチと一緒にプレーした時など腕が動いていないと言われました。
某海外のパターに難があるプレーヤーと見た目は同レベルだと(あくまで見た目のみ)言われたことが印象に残ってます。
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングアドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングテークバックの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングインパクトの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングフォローの写真

ではどうすればいいのか考えてみました。

・距離感のみを意識する
・結果のことを考えない
・全く違うことを考えながら打つ
・ハンドファーストに打つ
・アームロックパターを使う
・心の中で「あーーー!」と叫びながら打つ

などなど、これらの施策もまずまずの結果を出していましたが今回はどうするかというと

「インパクトで力を入れずに緩んでもいいくらいのスピードで打つ」

そのままやん!という暖かいツッコミが聞こえてきましたが甘んじて受け止めます。(笑)

その施策を実行した所、フォローが大きくなりました。
息を吐きながら打っても良かったです。
緊張した場面でも打てるようになってきました。
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングアドレスの写真②
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングテークバックの写真②
GEN-TENゴルフコースレッスンパッティングフォローの写真②

距離感に慣れる必要がありますが、動画で確認しても見た目が良くなりました。

いかがでしょうか?
いままでのウェブレッスンよりも抽象度が高いですが一度試してみてくださいね!

★過去のパッティングについての記事はこちらから

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

お疲れ様です。
コーチページの更新をお願いします
こんにちは
今年から始めた筋トレ継続中の牧野佑司です。
日々レッスンのアップデートを目指していますがある程度まとまったものになってきたように感じます。
もちろんもっともっと楽に速く上達できるようなお手伝いをしたいのですが、ある程度の基本がようやくわかってきたと実感しております。
理想のインパクトへの道です。
その日に結果が出なくても、そうか!こうすればいい!と先がクリアになるようなレッスンを心がけております。
そんなにいうなら久しぶりに受けようかな?という方も当然大歓迎!ぜひぜひ皆様のレッスンのご参加お待ちしております。

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 298ビュー
  2. シャフトクロスになる原因は右肘! 293ビュー
  3. ホールインワンへの道 244ビュー
  4. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 242ビュー
  5. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 240ビュー
  6. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 194ビュー
  7. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 152ビュー
  8. グリーン外から打つ時の注意点 149ビュー
  9. ゴルフ ドライバーを飛距離アップさせるための6つの方法 148ビュー
  10. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 146ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る