ゴルフ上達のヒント!〜左肩を意識して前傾キープ!〜

2019年10月26日 |

こんにちは、toshiyukiです。
最近は雨が多いですが気温的にはゴルフをするのにちょうど良い気候ですね!(^^)
皆さん、ゴルフを楽しんでいますか?

さて今回のテーマはこちらです!

『左肩を意識して前傾キープ!』

レッスンをしていてもスイング中に前傾が保てないというお悩みはとても多いです。
原因や対策は人それぞれでアドバイスの仕方も個々に合わせてレッスンさせて頂いていますが今回は左肩の動きにフォーカスしてお話ししたいと思います。

◼︎テークバック

動画でスイング解析をする際に背骨に沿ってラインを引いて前傾角度が保たれているかをチェックします。
背骨を軸にして上半身を捻転させてスイングしていくわけですがそうすると両肩のラインは背骨に対して直角に回転します。
GEN-TENゴルフコースレッスン前傾角度両肩のラインアドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン前傾角度両肩のラインテークバックの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン前傾角度両肩のラインフォローの写真
左肩の動きを見るとアドレスの位置よりも左肩は下がりながら飛球線後方に向かって動いていきます。
GEN-TENゴルフコースレッスン前傾角度飛球線後方アドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン前傾角度飛球線後方テークバックの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン前傾角度飛球線後方トップの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン前傾角度正面アドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン前傾角度正面テークバックの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン前傾角度正面トップの写真

◼︎ダウンスイング

トップからダウンスイングにかけても当然両肩のラインは背骨に対して直角に回転していきます。
左肩の動きはというとテークバックの軌道よりもさらに下を通って動いていきます。
GEN-TENゴルフコースレッスン前傾角度飛球線後方ダウンスイングの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン前傾角度飛球線後方ハーフウェイダウンの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン前傾角度飛球線後方インパクトの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン前傾角度正面ダウンスイングの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン前傾角度正面ハーフウェイダウンの写真
GEN-TENゴルフコースレッスン前傾角度正面インパクトの写真
この時の注意点としてはハーフウェイダウンを過ぎるまで右肩が左肩よりも下がらないようにしてください。
ハーフウェイダウンを過ぎた辺りから左肩はアドレスの位置より上に向かって動いていきます。
前述したようにお尻の位置や荷重の掛け方など対策はいろいろありますが一度左肩の動きを意識してスイングしてみてください!

☆前傾角度についての過去の記事はこちらから

オススメのレッスン

この記事を書いたのは

中村 敏之

中村 敏之

暑さも過ぎ、涼しい秋のゴルフシーズンがやって来ました!(^^)
コースコンディションも最高のこの季節に自然の中を歩くととても気持ち良いですよ!(*^^*)
さあ、コースへ出かけましょう!
https://www.gen-ten.jp/event/24454

・ゴルフコンサルティングサービス
https://www.gen-ten.jp/news/2020_99964/

・オンラインセミナー(メンバー限定)
https://www.gen-ten.jp/clubhou…/member_diary/20200404_99566/

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 433ビュー
  2. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 317ビュー
  3. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 241ビュー
  4. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 217ビュー
  5. ゴルフ 上手くなりたい人に実践して欲しい5つのこと 207ビュー
  6. 上達に欠かせない!前傾姿勢をキープ出来ない原因 175ビュー
  7. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 145ビュー
  8. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 142ビュー
  9. 2021年2月キャンプ開催コース(南紀白浜ゴルフ倶楽部) 119ビュー
  10. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 115ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る