エラーを愛することでゴルフを深く知る

2020年7月28日 |


故・中部銀次郎氏は、ミスショットをつないでいくことの大切さを知ったときから試合で勝てるようになったと言っています。

私たちゴルファーはつい訪れたエラー(ミスショット)に対して改善しよう四苦八苦します。ですがゴルフの名手と呼ばれた選手ほど完璧なショットを求めず、ミスショットに寛容であるようなことを述べているような気がします。

ゴルフはスコアを競い合うスポーツであったり、ゴルファーには目標のスコアを目指してプレーするという前提があります。ですから理想とするショットを打つためPDCAサイクルを回して改善に改善を重ねていきます。

しかし、私はゴルフを上達させるためにその視点でよいのか疑問に思うことがあります。スコアアップしない本当の原因は、ミスショットやスイングエラーがないようにゴルフをする姿勢そのものにあるのではないかと思います。

こんなツイートがありました。

「音を出すとき、出しているとき、ミスした瞬間ではなく、「ミスした後にとっさにやり直す」ということをしそうになっているときがいちばん、上達につながらない自分自身の在り方だったのです。」(バジル・クリッツァーのブログ「間違えたら→とっさにやり直し」は有害な癖、ブログ本文から抜粋

音楽の分野でもゴルフに通じる部分があるのだと思いました。ゴルフもミスショットをすぐに直そうする癖が上達を阻むと思います。

インナーゲームで有名なW.Tガルウェイ氏は「Trying too hard」をいうキーワードでミスしないことに頑張りすぎることで失敗しているゴルファーが多いと指摘しています。何かを極めようとするときにミスに対する寛容は必要だと思っています。

”スイングに慎重でミスショットがないようにプレーするマインド”と”ミスショットがでても自分のできる範囲でいいプレーしようとするマインド”のどちらがあなたの思う結果が訪れそうでしょうか?私は後者だと思ってコーチングしています。

人は機械的にボールを打てるわけがなく、エラーを否定するとゴルファーに何が残るでしょうか?ゴルファーの自然に出るエラーを私は寛容に受け入れていきたいと思っています。

8月のキャンプでは皆さんとそんなお話ができればと思っています。
2020年8月14日(金)〜8月16日(日) 強化合宿 at サニーカントリークラブ

この記事を書いたのは

寺嶋 慶介

寺嶋 慶介

YouTubeでレッスン動画を配信しています
定期的にレッスン中の動画をYouTubeに配信しています。

GEN-TEN YouTubeチャンネル

Twitterで日々考えていることをアウトプットしています
本名でアカウントで公開しています。よければぜひフォローしてください!
https://twitter.com/kexile22w

こんなコーチ研修を行なっています
6月末にサニーカントリークラブで開催したコーチ研修をしましたよ!
過去にもこんな研修をしてます!→GEN-TEN CMS 研修〜Activity〜

良い瞬間は一瞬!?
今ここに意識を集中する。形にこだわらない勇気を持ちましょう。→スイングよりも内観する力

バイメカ視点でクラブ選びについて書いてみました
生体力学といわれるバイオメカニクスを応用するとクラブ選びは意外と簡単かもしれませんよ!→バイオメカニクスからみたクラブ選びについて

徒然なるままインスタグラムに投稿しています
インスタグラムではおもにスイング動画を投稿してます。シンプルな動きがスイングの綺麗さに繋がっていくと思います。

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 443ビュー
  2. 上達に欠かせない!前傾姿勢をキープ出来ない原因 325ビュー
  3. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 312ビュー
  4. ゴルフ上達のコツ!〜アイアンのスライスの治し方!〜 284ビュー
  5. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 282ビュー
  6. 左肘はスイング中、伸ばすの? 205ビュー
  7. ゴルフ 〜ナイスショットを生み出すフォロースルー 199ビュー
  8. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 195ビュー
  9. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 188ビュー
  10. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 179ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る