ディスカバリーキャンプinメダリオンベルグラビアリゾート(牧野佑司&雪田悦子)

2016年10月26日 |

こんにちは!牧野 佑司です。10月21日~22日の二日間、メダリオンベルグラビアリゾートさんにてディスカバリーキャンプを開催しました。
20161026_diary_yuji01

20161026_diary_yuji02

20161026_diary_yuji13
私牧野は、普段は関西地区中心にレッスンをさせていただいております。こちらの施設を使ってのキャンプは初めての試みでした。細かい内容などキャンプの様子はこの後レポートしますが、この環境と施設はゴルフが大好きなゴルファーならテンション上がること間違いなしだと思います。僕自身も泊りでゴルフを楽しみたいと感じました。

朝皆さんで集合していただいた後に打球練習場に向かいました。打球場でのレッスンと同時に、今回のキャンプについての抱負をお聞きしながら進めていきました。開放感のある打球練習場でボールの状態もよく、効率の良い練習ができるのではないかと感じました。
20161026_diary_yuji03

20161026_diary_yuji04

20161026_diary_yuji05-1

20161026_diary_yuji05

20161026_diary_yuji06
20161026_diary_yuji07

午後からはアプローチ練習の後にハーフラウンドをプレーしました。
アンジュレーションのきついグリーンの中でみなさん目いっぱいゴルフを楽しんでおられました!

夜のお食事でも盛り上がりましたね。ナイトミーティングでもみなさんと一緒にいろいろなお話ができて楽しかったです。
ゴルフコーチ視点から感じることはこういったお話をたくさんさせていただくことが、皆さんお一人お一人に合ったレッスンをさせていただくことができるきっかけにもなっていくと思います。
20161026_diary_yuji08

20161026_diary_yuji09

2日目は18ホールをプレーしました。快晴微風、青空が気持ちよく暑くもない寒くもない言うことなしの天候でした!難グリーンに手を焼きましたが最後までしっかりプレーしていただけました。
20161026_diary_yuji11

20161026_diary_yuji14

20161026_diary_yuji15

20161026_diary_yuji16

20161026_diary_yuji17

20161026_diary_yuji18
終わってからはフィードバック練習!ラウンド終わりの練習でしっかり仕上がりを確認しての終了となりました。
20161026_diary_yuji12
ディスカバリーキャンプなどの泊りのレッスンでは、ラウンドでの課題をそのまま次の日に練習していただくことができて、僕たちコーチも皆さんの上達の速度を上げることができる環境がそろっております。車の運転の必要もなくゴルフやお酒に没頭できるキャンプ!まだご参加されていない方はぜひぜひご参加ください。

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

みなさんこんにちは。
ゲンテンの関西を中心に活動しております牧野佑司です。
日々ゴルフというものを研究と練習と実践を重ねております。
初心者でも簡単に芯に当てることができるような方法がないものかと思っておりますが、やはり最終的にはその人それぞれの癖や傾向が1番効果的であると感じている日々です。
それだけコーチと皆様のコミュニケーションが大切で核心部分に早く辿り着くように頑張っております(^^)
キャンプや日々のレッスンで皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

週間アクセスランキング

  1. そのユーティリティの構え方合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 237ビュー
  2. ゴルフルール「マンホールにボールが止まったら?」 211ビュー
  3. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 209ビュー
  4. シャフトクロスになる原因は右肘! 142ビュー
  5. 傾斜地のアドレス〜ゴルフ上達9つのヒント〜 137ビュー
  6. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 122ビュー
  7. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 115ビュー
  8. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 113ビュー
  9. ゴルフ アプローチのピッチとランの比率 107ビュー
  10. 競技用スコアカードの書き方 101ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る