グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜

2015年9月15日

こんにちは!栗木です。
今回はグリーンのスピードの測り方をご紹介したいと思います。
20150915_blog_nozomu_01
みなさんはゴルフ場で練習グリーンのそばにある、グリーンの速さを表記した看板を見たことがあるでしょうか?
「8フィート」や「10ft.」などと書いてあるグリーンの速さを示す看板です。
これは1フィート(30.48センチ)を1つの単位として、専用の測定器を使ってゴルフボールがそこから転がった距離を速さとして表しています。
それがこの棒です。
20150915_blog_nozomu_02
これをスティンプメーターと呼びます。
測り方はいたって簡単。
まずはグリーンのなるべく平坦な場所を選びます。
そしてスティンプメーターの上に開けられた穴にゴルフボールを置き、、
20150915_blog_nozomu_03
ゆっくり、ゆっくりと傾けていきます。
20150915_blog_nozomu_04
このゆっくりというのがポイントで、急いで傾けてしまうとボールに勢いがついてしまうため正確なスピードが測れません。
するとあるポイントでボールがゆっくりと転がり始めます。
20150915_blog_nozomu_05

20150915_blog_nozomu_06

20150915_blog_nozomu_07
ボールを2個〜3個転がします。
20150915_blog_nozomu_08
丁寧に転がすとこのようにボールがだいたい同じ場所に集まります。
20150915_blog_nozomu_09
そしてここからが本題の計測。
まずは、スティンプメーターの先端に始点となるマークをします。
20150915_blog_nozomu_10

20150915_blog_nozomu_11
このスティンプメーターは1本が3フィートの長さになっており、このスティンプメーターそのものを反転させながら距離を測ります。
20150915_blog_nozomu_12

20150915_blog_nozomu_13
1回(3フィート)
20150915_blog_nozomu_14
2回(6フィート)
20150915_blog_nozomu_15

20150915_blog_nozomu_16
3回(9フィート)
20150915_blog_nozomu_17
そして、最後が残り1.5フィートとなりました。
20150915_blog_nozomu_18
合計すると10.5フィート。
さらに、これを同じ場所で4方向から繰り返し、その平均がそのグリーンのスピードになります。
今回のグリーンは10.5フィートでした(^^)
10フィート以上になると最初は速く感じられますが、、なれてくると気持ちのイイ転がりを見せてくれるスピードです!
20150915_blog_nozomu_19
ちなみにこのグリーンはこの後12フィートから13フィートに仕上げられる予定です。
速いですよ〜^^;

みなさんもコースやテレビでスピード表記を見かけたら、スティンプメーターと私を思い出してみてくださいね(笑)

週間アクセスランキング

  1. 2018年10月下旬発売予定 Taylormade GAPR(ギャッパー) 493ビュー
  2. 競技用スコアカードの書き方 301ビュー
  3. トップの位置を固めてスイングを安定させよう! 188ビュー
  4. ハーフラウンドレッスン at 名古屋グリーンカントリークラブ(坂井槙之介) 187ビュー
  5. スイング中のフェースの向き 178ビュー
  6. カート道からの救済方法 166ビュー
  7. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 164ビュー
  8. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 160ビュー
  9. オーバー・ザ・トップ修正法 part2 150ビュー
  10. 強化合宿 at 那須国際CC (大矢隆司) 148ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る