オーバー・ザ・トップ修正法 part1

2018年9月14日 |

こんにちは〜、Yukiです(^^)
みなさんゴルフを楽しんでいるでしょうか?

ラウンドは楽しいのだけれど。。。
ボールが曲がってOB連発!思い通りに飛んでくれたらもっと楽しいのに〜
というゴルファーもたくさんいらっしゃいますね。

今回はスライスやひっかけを防止するスイング修正方法を2回に分けてご紹介します。

トップオブポジション(クラブと手元が地面よりも一番高い位置)から

手元と上半身でダウンスイングをスタートすると、

クラブヘッドの軌道が体の外側、遠い場所から降りてきてしまい、ターゲットに対してアウトサイドインのカット軌道になり、スライスやひっかけがでやすくなります。そして体重も右に残りやすくダフリのミスもでちゃいますね。

これをオーバー・ザ・トップと呼んでいます。

これを防ぐためには下半身リードでダウンスイングをスタートさせることが大切です。
これを修正したい方はこのドリルを試してみてください。

ノベルティーでもお配りしているアライメントロッドを使います!

これを左足の横に指してアドレスしバックスイング、トップ位置で止めます。

ダウンスイングを左膝から始動させてアライメントロッドに左脚外側をぶつけます

バックスイングすると左膝はアドレス位置よりも少し右側へ移動しますので、これを元の位置へ戻すようなイメージ、または左脚をがに股にするイメージで良いですよ。

これを何回か繰り返したあとにフィニッシュまで振ってみましょう!
ボールも打ってみてくださいね。

ポイントは下半身をリードさせても上半身はなるべくついていかないように、左膝を動かしたときに手元や上半身には力が入らないようにしましょう。

オーバー・ザ・トップが修正できるとミート率が上がりボールは真っ直ぐ飛びやすくなりますよ。
ぜひ、試してみてくださいね。
お読みいただきありがとうございました(*^o^*)

オーバー・ザ・トップ修正法 part2

この記事を書いたのは

雪田 悦子

雪田 悦子

こんにちは、Yukiです^ ^
夏日も増えてきましたね!
みなさんは、生活環境の変化を強いられてストレスも溜まっていることかもしれません。コロナ対策をしてゴルフコースでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。
一面ぜ〜んぶキレイな緑色の芝に敷き詰められたコースはとっても心地よいですよ。
さらにオンコースで楽しくスキルアップできたらサイコーですね(^^)
大好きな夏に向かってテンションが上がってきた私も、みなさんのゴルフライフをしっかりとサポートします!
ブログを私のHPでも更新していますのでよろしければご覧ください ↓↓↓

yukip-golf.com

暑い夏は涼しいコースでのキャンプもご用意しました。爽快な高原で集中してゴルフに取り組んでみてはいかがでしょうか。
初めての方もどうぞお気軽にご参加下さい。

☆ディスカバリーキャンプのお知らせ☆
6月27(土)-28(日)日
@朝霧カントリークラブ

7月25(土)-26日(日)
@鷲ヶ岳高原ゴルフ倶楽部

8月8(土)-9(日)
@夏泊ゴルフリンクス

週間アクセスランキング

  1. ゴルフ テークバック〜ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう!〜 538ビュー
  2. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 380ビュー
  3. 上達に欠かせない!前傾姿勢をキープ出来ない原因 347ビュー
  4. ゴルフスイング 正しい腰の回し方 334ビュー
  5. ゴルフスイング〜バックスイングでの腰の回転について〜 229ビュー
  6. ゴルフスイング〜前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル〜 216ビュー
  7. 雨対策!グローブを使い分け 216ビュー
  8. トップでの左膝の角度で飛距離アップ! 205ビュー
  9. 左肘はスイング中、伸ばすの? 202ビュー
  10. 夏のゴルフを快適にするアイテム 162ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る