60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由

2019年6月6日 |

こんにちは!7,000ヤードを超えるコースを回る機会が少ないと判断したためウェッジを4本にした牧野佑司です。(知らんわ)

本日は60度ウェッジについてお話しさせていただきます。

GEN-TENゴルフコースレッスン牧野コーチの写真

僕はウェッジをピッチングウェッジ、50度のウェッジ、56度のウェッジ、60度のウェッジの合計4本のウェッジを入れています。
GEN-TENゴルフコースレッスン60度ウェッジの写真
今回はなぜ60度を入れているかをお話ししたいと思います。
GEN-TENゴルフコースレッスンウェッジの写真
「誰が興味あるんだ?!」と思いましたが何かのヒントになるかもしれないので最後まで読んでいただければうれしいです。

60度のウェッジの特徴はボールが高く上がりやすくスピンがかかりやすくなって、転がらずに止まりやすいクラブになります。
60度ウェッジのメリットをお話しします。

・短い距離を簡単に打てる

中途半端な距離を60度のウェッジを持つことによって細かく刻むことができます。
50ヤード前後の距離が簡単に打てることができます。

・ボールが高く上がりやすく止まるボールを打ちやすい。

高く上げるボールを打つことによってバンカー越えでなおかつピンが近い場面、さらには砲台グリーンでエッジからピンまでの距離が近かい場面などに対して、柔らかいショットやスピンがかかるショットが打ちやすいので60度が重宝しております。
GEN-TENゴルフコースレッスン砲台グリーンの写真

・ライが悪い場合の時に高いボールが打ちやすい。

ライが悪い時のアプローチでウェッジを使用するとバウンスが引っかかりうまくミートできなかったりします。
そんな場合は画像のようにボールを右足よりに置いてロフトを立てることによりバウンスの影響がでなくなり、ボールをクリーンにヒットできます。
僕はライの悪い場合はこのような打ち方をしております。
しかしながらこれだとボールが低く出てしまいます。
低く出るということはたくさん転がってしまうのでボールを止めることが難しくなります。(ライが悪いところから止めるのは至難の技ですが)
そんな時にこの60度があればどうでしょうか?
難しいライでもボールを上げることができます。
左足下がりなどのボールが上がりにくいところからでも少しですが止めるボールが打つことができます。
僕にとっては様々な状況からの選択肢が広がってアプローチなどに非常に重宝しております。
GEN-TENゴルフコースレッスンアプローチアドレスの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンボールとグリーンの写真

60度のウェッジを入れると本数を合わせるためにそのほかのクラブを減らさなくてはいけません。
よって5番ウッドの代わりに19度のユーティリティーを入れることでカバーしています。
番手の間の距離が広くなってしまうデメリットはありますがウェッジを増やすことでそのデメリットを大きく補うほどの貢献を60度がしてくれているように思います。
皆さんもたくさんのウェッジを持って粘りのゴルフをしてみませんか?
このことが皆様のゴルフのヒントになるなれば嬉しいです。

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

最高のシーズンになりました。皆様はゴルフを楽しんでおられますでしょうか?
レッスンも最高のシーズンになって楽しいです。
僕の担当します関西地区では新人の松村コーチや中村コーチも加わってパワーアップします。
僕は今までよりも攻めた内容のヒントレッスンなども開催を予定しております。ビギナーの方へ向けたレッスンから上級者の皆さまのヒントレッスンまで充実したレッスンをご用意しております!どうかご期待ください!!
最高のシーズンに皆さまとお会いできるのを楽しみにしております。

Twitterアカウント

週間アクセスランキング

  1. 左足下がりからスコアメイク! 924ビュー
  2. ゴルフ上達練習法!「パッティングの距離感」 654ビュー
  3. コーチはどのようにしてゴルフが上手くなったのですか? 324ビュー
  4. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 278ビュー
  5. アプローチのピッチとランの比率 223ビュー
  6. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 204ビュー
  7. 正しい腰の回し方 190ビュー
  8. 競技用スコアカードの書き方 187ビュー
  9. AwとSwの使い分け 174ビュー
  10. 股関節周りのストレッチ Vol.2 137ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る