2つのアプローチの打ち方

2018年11月28日 |

こんにちは!どんどん寒くなって来ました。
寒くなると顔が歪んでしまう牧野佑司です。

今回はアプローチショットについてお話をさせていただきます。
僕はアプローチショットは大きく二つに分けて考えております。
一つ目は【手首を使わずにパターのように打つアプローチ】
二つ目は【手首を使ってフルショットと同じようにするアプローチ】
です。

二つの打ち方のアプローチのメリットとデメリットをお話したいと思います。

一つ目の【手首を使わずにパターのように打つアプローチ】

この打ち方ではバックスイングが画像のように少ししか上がりません。
距離を出すのは難しい打ち方になります。
メリットとしては打ち方が非常にシンプルでボールをミートしやすい打ち方になります。

二つ目の【手首を使ってフルショットと同じようにするアプローチ】

この打ち方では画像の通りバックスイングがかなり上がりやすくなっています。
距離を出しやすい打ち方になります。手首も使うのでスピードも出やすいですね。
デメリットとしては動きが大きくなるのでミートするのが一つ目と比べて難しいですね。
いかがでしょうか?

メリットデメリットをうまく生かしていければそれぞれにぴったり合ったショットが見つかるかもしれませんね。

例えば、一つ目の打ち方では距離が出ないのであれば距離が出る番手でアプローチすれば長い距離でもミートしやすくなったりします。

アプローチショットをコーチのもとでいろいろ試していただける場所はなかなかありませんよね・・・・
おっと!いいのがありますねん。(笑)
ゲンテンレッスンではほとんどのコースでアプローチ練習場を完備しているコースで開催しております。
ぜひぜひ皆さまのご参加をお待ちしております。

〜ゲンテンレッスンのスケジュール〜

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

皆さんこんにちは。
冬休みをいただき新たに生まれ変わった牧野佑司です。

まだ寒いですね。特に僕が住んでる兵庫県三田(さんだ)市は寒く感じます。
でも夏場は涼しいので余計に待遠しく思います。

春先からの予定も決まってきました。
4月からは初めてのアカデミアを開催します。
テーマはまっすぐ飛ばす!
です。まっすぐ飛ばすことはどのゴルファーでも欠かせないことではないかと思います。

が、この3ヶ月でスイングを見直すこと。この3ヶ月でスコアを伸ばしていくこと。この3ヶ月で…などなど参加された皆様の目標が第一です。

もちろん参加される方のレベルは問いません。
アカデミアでは普段よりも長く深くお話や目標をお聞きしながら進めていきたいと思っております。

もしもゴルフの目標が達成できれば、どんな楽しいものになることでしょう。
ちょっとにやけてしまいますね!

皆様のご参加お待ちしております

週間アクセスランキング

  1. 「スタート前のストレッチ」 341ビュー
  2. 強化合宿 at 稲取ゴルフクラブ (中村敏之) 248ビュー
  3. 正しい腰の回し方 149ビュー
  4. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 147ビュー
  5. 力の反作用を利用してシャフトを立てる 128ビュー
  6. キャディバッグの担ぎ方 113ビュー
  7. ダウンスイング時の右膝のポジション 112ビュー
  8. スイング中のフェースの向き 104ビュー
  9. アプローチのピッチとランの比率 95ビュー
  10. トップの位置を固めてスイングを安定させよう! 87ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る