2つのアプローチの打ち方

2018年11月28日 |

こんにちは!どんどん寒くなって来ました。
寒くなると顔が歪んでしまう牧野佑司です。

今回はアプローチショットについてお話をさせていただきます。
僕はアプローチショットは大きく二つに分けて考えております。
一つ目は【手首を使わずにパターのように打つアプローチ】
二つ目は【手首を使ってフルショットと同じようにするアプローチ】
です。

二つの打ち方のアプローチのメリットとデメリットをお話したいと思います。

一つ目の【手首を使わずにパターのように打つアプローチ】

この打ち方ではバックスイングが画像のように少ししか上がりません。
距離を出すのは難しい打ち方になります。
メリットとしては打ち方が非常にシンプルでボールをミートしやすい打ち方になります。

二つ目の【手首を使ってフルショットと同じようにするアプローチ】

この打ち方では画像の通りバックスイングがかなり上がりやすくなっています。
距離を出しやすい打ち方になります。手首も使うのでスピードも出やすいですね。
デメリットとしては動きが大きくなるのでミートするのが一つ目と比べて難しいですね。
いかがでしょうか?

メリットデメリットをうまく生かしていければそれぞれにぴったり合ったショットが見つかるかもしれませんね。

例えば、一つ目の打ち方では距離が出ないのであれば距離が出る番手でアプローチすれば長い距離でもミートしやすくなったりします。

アプローチショットをコーチのもとでいろいろ試していただける場所はなかなかありませんよね・・・・
おっと!いいのがありますねん。(笑)
ゲンテンレッスンではほとんどのコースでアプローチ練習場を完備しているコースで開催しております。
ぜひぜひ皆さまのご参加をお待ちしております。

〜ゲンテンレッスンのスケジュール〜

この記事を書いたのは

牧野 佑司

牧野 佑司

こんにちは。
顔のシミが気になるお年頃の牧野佑司です。

今年後わずかになりました。(ほんとはやい)
うちの母親は年末って感じがしないねと毎年言っています。年末って感じは一体どんな感じなのでしょうか?

最近私牧野のレッスンの内容も絞られてきました。今までよりもすごくしっくりくるようなレッスンができてきたように感じます(自画自賛)

カウンセリングシートもデジタル化して検索も容易になり画像も貼り付けることができております。新型ペンシルのおかげです。楽しい。
スイング解析から画像で比較することも覚えてきました。レッスンで撮影した動画もお持ち帰りいただくことも最近ではデフォルトになっております。

また新人が入ったのかな?というくらいのお気持ちでご参加いただければ涙が出るくらい嬉しいです。

気持ちは新人のつもりで今までよりも一生懸命レッスンをしていきます。皆様のご参加心よりお待ちしております。

またYouTubeに動画もアップします。
次回の動画は皆様に役立つ情報をふんだんにいれているつもりです。コーチ牧野佑司の考えをぜひご覧ください(スコアは関係なしで)

SNSも更新頻度が上がってきました(最初からやれ)

ぜひご覧ください。

ブログ
https://ameblo.jp/gen-ten-yuji/

Twitter
https://twitter.com/yuji061jr

facebook
https://www.facebook.com/yuji.makino.10

Instagram
Yuji61jr

また皆様にお会いできるのを楽しみにしております

週間アクセスランキング

  1. グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 186ビュー
  2. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 185ビュー
  3. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 174ビュー
  4. アプローチのピッチとランの比率 160ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 138ビュー
  6. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 133ビュー
  7. AwとSwの使い分け 130ビュー
  8. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 120ビュー
  9. 正しい腰の回し方 119ビュー
  10. ゲンテンレッスン at 高坂カントリークラブ (源河卓朗) 109ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る