トップでの左膝の角度で飛距離アップ!

2019年7月22日 |

こんにちは norihiroです(^^)
今回はレッスンでよくご質問をいただく「左膝の角度」についてです。

トップでは左膝は出ても良いのでしょうか??
…というご質問を受けますが、結論から言うと左膝は出ても問題はありません。
極端に言うと「奥の景色が見えるぐらい」のイメージでOKです(^^)
(写真は大げさに表現していますw)

バイオメカニクスの観点からは飛距離アップにはトップでの左膝のポジションが重要になるからです!
GEN-TENゴルフコースレッスン左膝を出したトップの写真
ただし、左膝を出した時のトップの形が大切になります。

エラーになりやすいトップの形

左膝の位置がキープ出来ていても、左足へのプレッシャーが強すぎたり、背骨がターゲット方向へ倒れるような形はダウンスイング以降に様々なエラーが起きてしまいます。
後方
GEN-TENゴルフコースレッスンターゲット方向に倒れたトップ後方からの写真
正面
GEN-TENゴルフコースレッスンターゲット方向に倒れたトップ正面からの写真

理想とするトップの形

アドレスから左膝の位置がキープ出来ていて、左肩のポジションが左膝よりも後ろに位置するトップを作っていきましょう。
背骨の傾きもアドレスからキープ出来ていることがポイントです(^^)
後方
GEN-TENゴルフコースレッスン理想のトップ後方からの写真
正面
GEN-TENゴルフコースレッスン理想のトップ正面からの写真

引き続き、夏のゴルフを楽しんでいきましょう!!

この記事を書いたのは

井上 範大

井上 範大

皆さん、明けましておめでとうございます!
今年も一緒にゴルフを楽しみましょう(^^)♪

レッスン会場でお待ちしております(^-^)/

〜オススメ〜
◼︎アカデミア
皆さんの上達をサポートする3ヶ月集中のレッスンプログラムです(^^)
今年はスキルだけではなく、コースマネジメントを含んだアカデミアを開催予定です!
https://www.gen-ten.jp/event/20383/

よろしければ過去の記事もご覧ください。
https://www.gen-ten.jp/blog/diary/201809_54092/

◼︎体験レッスン
GEN-TENのレッスンをご検討されている方は実際のレッスンと内容の変わらない「体験レッスン」もご検討ください(^^)
https://www.gen-ten.jp/lesson/trial/

◼︎SNS
今年は個人のホームページをメインにブログを更新していきますので、よろしければご覧ください(^^)
個人HP「GOLF COACH NORIHIRO INOUE」
http://norihirogolfcoach.com/

アメブロ「ゴルフコーチNorihiroのブログ」
過去のブログをご覧になりたい方はこちらからご覧ください!
https://ameblo.jp/golfcoach-norihiro

Facebookページ
https://m.facebook.com/Golfcoach-Norihiro-1382038975399651/

Instagram
https://www.instagram.com/norihiro_blog/

週間アクセスランキング

  1. グリップの最下点を意識して安定したインパクトゾーンを手に入れる! 564ビュー
  2. ホールインワンへの道 363ビュー
  3. ヒンジを使ってフェイスの向きを安定させよう! 330ビュー
  4. 60度ウェッジ(ロブウェッジ)を使用する理由 250ビュー
  5. スイングプレーンとクラブの軌道を理解する 219ビュー
  6. 正しい腰の回し方 214ビュー
  7. AwとSwの使い分け 193ビュー
  8. アプローチのピッチとランの比率 185ビュー
  9. 軸(背骨)を右に傾けてスイング! 141ビュー
  10. 前傾キープの重要性とイメージ作りのドリル 118ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

ページの先頭へ戻る