ゴルフ スライス矯正&飛距離UPドリル

2020年1月6日 |

今回はスライス矯正をしつつ、飛距離UPにも繋がるドリルをご紹介します(^^)

ボールが大きく右に曲がる原因は多数ありますが、今回はインパクトで体からターゲット方向に開いてしまう形でお話を進めていきます。

画像のようにインパクト前から徐々に体がターゲット方向へ開いてしまうと、インパクトでは振り遅れ気味になりフェースが開いて当たりやすくなってしまいます。
GEN-TENゴルフコースレッスンスライス矯正肩が開いたインパクトの写真
またこのままフォロースルーまで来ると必ずと言っていいほど左の肘が抜けてしまい余計にスライス回転を強くしてしまいがちです。
GEN-TENゴルフコースレッスンスライス矯正左肘が引けたフォロー正面からの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンスライス矯正左肘が引けたフォロー後方からの写真
これだと大きくスライスしてしまい、フォロースルーが綺麗に正しく取れないので飛距離もイマイチになってしまいます。

そんな方はこのドリルを試してみてください!
まずいつも通りアドレスをしたら、バックスイングは腰の高さくらいまであげます。
GEN-TENゴルフコースレッスンスライス矯正腰までのバックスイングの写真
次にそのまま素振りまたはボールを打っていきますが、インパクトからフォロースルーにかけて上半身をターゲット方向に開かないようにしながら、インパクトからフォロースルーまでで最高スピードを出すイメージでスイングしてみてください。
GEN-TENゴルフコースレッスンスライス矯正正しいインパクトの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンスライス矯正正しいインパクト直後の写真
GEN-TENゴルフコースレッスンスライス矯正正しいフォロー正面からの写真
GEN-TENゴルフコースレッスンスライス矯正正しいフォロー後方からの写真
そうする事で体の開きが抑えられ、ヘッドが走る感覚が分かってくると思いますので連続で2度3度と繰り返し行なって感覚を覚えていきましょう!

少しキツいですが連続&継続する事で改善されてきますので宜しければお試しください(^^)

ご予約はこちらから

この記事を書いたのは

井上 法紀

井上 法紀

毎週土曜日20:00よりオンラインにて「MOGコネクト」を開催中です♪(要予約)

MOGコネクトとは?↓

MOG Connect (MOGコネクト)

※事前予約なしでもご視聴いただけるようになりました!
下記URLのメンバーズラウンジよりログインください。開始時間にページ内のURLよりご入室いただけます。
https://www.gen-ten.jp/clubhouse/lounge/

————————————————————————————————————————
私はモデレーターとして毎週必ず居ますので、何が本職か分からなくなってきますがww本職はレッスンですw

レッスンも精一杯、頑張っていますので、私たちと一緒に楽しく速く上達していきましょう♪

※ご予約は「スケジュール>絞り込みでイベント>該当月のタブ」より、必ずログインをしてお申し込みください!

週間アクセスランキング

  1. レイドオフが正解?迷ったらスイングのグラデーションで整理してみましょう 333ビュー
  2. そのユーティリティの構え方と打ち方で合ってますか?FP値(フェースプログレッション)を知って苦手克服 286ビュー
  3. ゴルフ 左足上がりのアプローチは2通りの打ち方で対処! 239ビュー
  4. グリーンの硬さ気にしてますか?!硬さを測るコンパクションメーター(土壌硬度計)について 141ビュー
  5. ゴルフ ドライバーを飛距離アップさせるための6つの方法 140ビュー
  6. シャフトクロスになる原因は右肘! 127ビュー
  7. ゴルフ グリーンのスピードの計測方法〜スティンプメーターを使って〜 124ビュー
  8. ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違い 119ビュー
  9. キャディバックの持ち方 113ビュー
  10. キャスティング防止でインパクトを安定させよう! 112ビュー

過去7日間にページビューの多かった記事を表示しています。これを見ると「GEN-TENの原点」の読者のみなさんがどんな記事に興味があるかわかってしまいますよ

記事を検索

to top
ページの先頭へ戻る